知っておきたい、エアコン節電に関する、ウソ・ホント

こまめなオン/オフが重要?→短時間での点け消しは逆効果のことも!

一般的に、必要ないときはスイッチを消す……というのが節電の鉄則。しかし、エアコンの場合は必ずしもそうでないケースもあります。

出典: エアコン節電対策、ウソorホント!? [エアコン] All About

室外機は日が当らないように囲えばいい?→風通しも大事です!

室外機の温度が高くなると放熱効率が悪くなるので、日陰をつくるのは確かに有効。しかし、完全に囲ってしまうと逆効果になることも。

出典: 3/3 エアコン節電対策、ウソorホント!? [エアコン] All About

サーキュレーター/扇風機で効果的に冷やす!→使い方には要注意

エアコンとサーキュレーター/扇風機の併用はいまや常識。しかし、ただ回していればいいわけではありません。冷気を効果的に循環させる位置をいかに見つけるかが大きな鍵を握ります。

出典: 2/3 エアコン節電対策、ウソorホント!? [エアコン] All About

[合わせて知りたい]扇風機とサーキュレーターの違い

似ているけれど、ちゃんと違いがあります

パッと見は扇風機と同じように見えるサーキュレーター。でも、ちゃんと違いがあるんです。正しく理解して、使い分けましょう。

出典: 2/2 扇風機の上手な選び方・使い方 [扇風機・サーキュレーター] All About

正しい知識を得たうえでやるべき節電対策はコレ!

設定温度を1℃変えれば、約10%の省エネ

「設定温度を1℃変える」と、暖房時・冷房時ともに約10%程度の省エネが期待できます。ただし、体感温度は湿度にも影響を受けるので、湿度もチェックすることが重要です。

出典: エアコン節電対策5つのポイント [エアコン] All About

運転時間を1時間減らす工夫を

1日1時間を目標にすれば、単純計算で10時間使う人なら10%、5時間使う人なら20%の節電が可能。外出前30分に電源を切り、帰宅後30分に電源を入れる習慣をつけるだけでも節電になります。

出典: 2/4 エアコン節電対策5つのポイント [エアコン] All About

運転モードに迷ったときは「自動」でキマリ

エアコンには冷房のほかに除湿や再熱除湿など、複数の運転モードが搭載されています。当然モードによって消費電力も変わってきますが、「自動運転」なら最適な運転モードと風量・風向で運転してくれます。迷ったときはとりあえず「自動運転」です。

出典: 3/4 エアコン節電対策5つのポイント [エアコン] All About

フィルターの状態で消費電力に約6%の差が!?

なかなか手がまわらないフィルター掃除ですが、目詰まりしていると消費電力に約6%の差がでるのだとか。「自動掃除機能」が搭載されていない場合は、2週間~4週間に1度のペースで掃除できると理想的です。

出典: 4/4 エアコン節電対策5つのポイント [エアコン] All About

リモコン操作で解説、効果的なエアコンの「節電」術

エアコンのスイッチをONしてからできる「節電」方法を、リモコン操作で順にご紹介します。

出典: リモコンだけで簡単にできる!エアコンの節電術 [エアコン] All About

10~15年選手の古いエアコンは買い換えたほうがお得なコトも

ハード面での省エネ性能が向上したため、ここ10年は劇的に進化してはいませんが、それでも、10年・15年選手の古いエアコンを大事に使うより、コスト的にも買い換えた方がお得なケースも見受けられます。

リンク: エアコンの選び方のポイント [エアコン] All About

設置の手間もあり、エアコンは買い換える機会がそれほど多くありません。長く使っている人は買い替えを検討したほうがいいかもしれません。

エアコンの「省エネ度」をチェックする方法

上でも述べた通り、エアコン選びに「省エネ度チェック」は必須。 省エネ度は、カタログや店頭に表示されている項目でチェックできるので、しっかりと確認しておきましょう。

出典: エアコンの「省エネ度」は必ずチェック [エアコン] All About