子供の20~30%が何らかのアレルギーにかかっているといわれています。般に先進国といわれている国々では、国民のアレルギーにかかっている率は数十パーセントとされているところが多く見られます。一方、それ以外の国々ではアレルギーは少ないとされています。一体、どうしてこのようにアレルギーが増えたのでしょうか。

リンク: 汚くてちょうどいい!子供の免疫を鍛えよ [子供の病気] All About

アレルギーの子はなぜ増えているのか?

現代の環境変化が、アレルギーに関与している

衛生仮説、住環境の気密性によるダニの増加、喘息を起こす大気汚染、ホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群、タバコ、食品添加物など、さまざまな理由でアレルギーが増えているようです。

出典: アレルギーが増えているわけ [アレルギー] All About

アレルギーは遺伝する?

子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。

リンク: 基礎知識vol.6 アトピーは遺伝するの? [アトピー性皮膚炎] All About

アレルギーの遺伝率は高い

アレルギーの原因は、環境の要素も大きいのですが、家族にアレルギーがあると、アレルギーになる可能性が高いともいわれています。

出典: アレルギーと遺伝 [アレルギー] All About

子どもの場合は、食べ物が原因の場合が多い

アトピーの原因は食べ物やダニなどのアレルギー物質によるものとストレスなどや乾燥肌といったアレルギー以外のものとに大きく二分されます。

出典: 基礎知識vol.2 アトピーの原因 [アトピー性皮膚炎] All About

わが子をアレルギーっ子にしないための3つの心がけ

【1】 妊娠中にできる予防策

妊娠中の食生活で子どものアレルギーを予防する

おなかの中の小さな命。生まれてくる赤ちゃんが「アレルギー」になるのを防ぎたい! そんなママ、パパに気をつけて頂きたい妊娠中の食事のポイントをお伝えします。

出典: 2/2 妊娠中の食事とアレルギー10か条 [乳児育児] All About

【2】 アレルギーの原因から遠ざける

食物アレルギーが心配な場合は、離乳食を遅らせるなどの対応を

乳幼児期のアレルギーの多くは、消化器官が未発達のためにおこるものです。未熟なうちは、特に三大アレルゲン(卵・牛乳・小麦)などを「異物」と敏感にとらえてしまうので、特に卵、牛乳、小麦は遅めにあげるといいでしょう。

出典: 2/2 乳幼児期の「食物アレルギー」って何? [離乳食] All About

【3】 実は「清潔すぎ」はNG

汚くてちょうどいい!「衛生仮説」とは?

「衛生仮説」とは、産まれてすぐの赤ちゃんの免疫はアレルギーになりやすく、その後いろいろな微生物に触れ、刺激を受けることで免疫系が学習し、成長していくという説です。

出典: 2/2 汚くてちょうどいい!子供の免疫を鍛えよ [子供の病気] All About

免疫力が落ちている? 1歳児から「花粉症」という子も!

キレイすぎる現代は、子どもが生まれてからすぐ鍛えられるべき免疫力が低いままで、花粉症にもかかりやすくなるんだそうです。

出典: 免疫力が落ちている? 1歳児から花粉症! [花粉症] All About

菌に負けない強い子を育てるための3つの原則

実はとても近い「免疫」と「アレルギー」。病気を起こす菌に対して体が反応するのが免疫。食べ物や花粉に対して反応してしまうのがアレルギー。今回は菌に負けない体を作る方法を考えてみましょう。

出典: 菌に負けない強い子を育てる [アレルギー] All About

子どものアレルギーに気付き受け入れる

「もしかしてわが子がアレルギーかも」と疑うところから

アレルギーの気になる症状からアレルギーと診断された場合まで、我が子がアレルギー持ちかもしれないと思ったときにどうすればいいかについてのご紹介です。

出典: もしかして、我が子はアレルギー持ち? [乳児育児] All About

実録アレルギー体験談「戦いの日々」

アレルギーを抱える子どもはもちろん、親の日々の生活も大変。アレルギーの子どもを抱えるママが、どのような思いで毎日を過ごし、アレルギーと戦っているのか、参考になる体験談です。

出典: 実録アレルギー体験談「戦いの日々」 [乳児育児] All About