よく晴れた休日、うっかり日焼け止めを塗り忘れて1日お出かけを楽しんで帰ってきたら、真っ赤に肌がほてって熱を持っていた! そんな経験、誰しもありますよね? 紫外線の肌ダメージを秋に残さないための緊急ケア方法をご紹介します。

案外知らない!“急性の日焼け”=“やけど”状態なんです!

急性の日焼けはやけどと一緒です!
また、強い紫外線を浴びると急激に活性酸素が生じます。活性酸素は『体を酸化』=『体をサビさせてしまう』ので、シミ・シワ・老化、場合によってはガンなどの怖い病気の原因になることも。日焼け後は活性酸素を抑えるのがポイントですよ!

リンク: 日焼け後のスキンケア、その対処法 [女性の健康] All About

日焼け後のスキンケア、その対処法

1)当日のお肌のケア → 日焼け直後はクールダウン!
2)翌日以降のお肌のケア → 日焼け後の肌は毎日の食事でケア!
これが正しい対処法です。

出典: 日焼け後のスキンケア、その対処法 [女性の健康] All About

日焼け後すぐの美白ケアはNG!

紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。 美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。肌の受け入れ態勢が整ってこそ、美白成分の効果も発揮できるもの。 まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう。

リンク: うっかり日焼け後の正しいお手入れ方法 [美白] All About

美白成分のなかには、肌を刺激するものが少なくありません

日焼けをしたら、即、美白ケアを行うのはNGです。肌が軽い火傷状態になっているのが、日焼けのサンバーン。こういうときは、 いつも使っている化粧水や、美容液が肌にしみたりしませんか?

出典: うっかり日焼け後の正しいお手入れ方法 [美白] All About

【step1】まずはとにかくクールダウンを!

具体的なクールダウンの方法

全身の場合 → 冷たいシャワーを何回か浴びる
局所的な場合 → とにかく氷や水で冷やす(コンビニで売っている、ロックアイスのパックを買ってきて適量をビニール袋にあけ、一枚タオルにくるんで日焼けした部分におきましょう)

出典: 2/3 日焼け後のスキンケア、その対処法 [女性の健康] All About

アロマを取り入れたクールダウンケア

カモミールジャーマンか真正ラベンダーを5滴、氷を浮かべた冷水にいれます。そこにハンドタオルをひたし、軽くしぼってから ほてりのある部分にのせてください。徐々にほてりや炎症も和らいでくることでしょう。

出典: 2/3 紫外線をあびた後のアロマケア [アロマテラピー] All About

【step2】肌のほてりが収まったら、たっぷり保湿ケア

日焼けして敏感になっている肌には、洗顔&保湿がポイント!

「敏感肌」の症状には、季節の変わり目などの気温の変化や、乾燥、紫外線などの刺激を受け、肌が乾燥してカサカサしたり、赤みや湿疹ができてしまうなどがあります。そんな時に無理に洗顔やメイクをすると、最悪の事態に陥ることも……。

出典: 敏感肌対策は洗顔、保湿がキーポイント! [敏感肌] All About

内側からの水分補給も大事!

まずは内側からのアプローチ。最も大切なのがこの内側からの水分補給です。身体の内部は目に見えないので意外と忘れてしまいがちですが、体内水分が不足していれば必然的に肌も乾燥してしまいます。

出典: CAに学ぶ!「超」乾燥の機内でも美肌を保つ3つの保湿 [スキンケア] All About

保湿力抜群のシートマスクはやっぱり頼れる!

ローションタイプ、美容液タイプ、ゲルタイプ。使い分けることでしっかりと肌に水分を補給して行きましょう。日焼け後の肌にまずオススメなのはローションタイプ。肌が落ち着いたら美容液タイプ&ゲルタイプもお試しを。

出典: 肌力底上げ!CAおすすめシートマスク徹底活用法3選 [スキンケア] All About

【step3】翌日以降は、体の内側からしっかり対処

紫外線で発生した活性酸素の影響はビタミンC、ビタミンE、カロチン(ビタミンA)などの抗酸化作用のある栄養素がおすすめ!

リンク: 3/3 日焼け後のスキンケア、その対処法 [女性の健康] All About

食べる「日焼け止め」!? 夏のUVケアにトマト

トマトは夏バテにおすすめの食材。そして、日焼け対策にも威力を発揮します。ほてった肌には、トマトで「食べるローションパック」ケアもお忘れなく! 恐ろしき「夏の肌老化」もストップしてくれますよ。

出典: 食べる「日焼け止め」!? 夏のUVケアにトマト [美容食・インナービューティー] All About

ビタミンEを効率よく摂取できるアボカド

森のバターと呼ばれているアボカド。フルーツには珍しく、多くの良質な油分と栄養素を含んだ栄養価の高い果物です。食べ頃のアボカドの選び方や黒く変色させない保存法などもご紹介します。

出典: アボカドの栄養・選び方・保存方法 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About