紫外線による肌ダメージとは? 紫外線と日焼けのQ&A

Q なぜ紫外線は、肌に悪影響なのでしょうか?

リンク: 点滴&内服で!老化を早める「紫外線」最新対策ガイド [美容医療] All About

紫外線により一酸化窒素やチオレドトキシンが産生されると、メラニンの生成を促進しシミを増やすことになります。さらに紫外線は表皮細胞を障害することで免疫を低下させます。

Q 目に紫外線が当たると日焼けするってどういう仕組み?

日焼け止めを塗って肌をガードしても、目が紫外線を浴びると同じように日焼けをしてしまいます。サングラスや日傘などで目を保護することが必要です。

出典: 目に紫外線が当たると日焼けするメカニズム [ビューティティップス] All About

Q 日焼け直後の赤みや水疱と、黒くなる日焼けの違いは?

リンク: 点滴&内服で!老化を早める「紫外線」最新対策ガイド [美容医療] All About

急激に大量の紫外線を浴びることにより、約24時間後にピークに現れる「サンバーン」(日光皮膚炎)が生じます。いわゆる赤くなったり、水疱といった日焼け直後の症状です。そのサンバーンの後、約2週間をピークとした一時的なメラニンの増生「サンタン」が生じます。

Q 夏の終わり、髪が傷んだ気がするのはナゼ?

髪の毛はその主成分がタンパク質で、色々なアミノ酸がしっかり結びついた構造をしています。ところが、強い紫外線を浴びるとこの構造が変わり、髪が脆く傷つきやすくなってしまうのです。

出典: 紫外線ダメージ? 健康髪への3か条 [皮膚・爪・髪の病気] All About

Q サングラスは何色が効果的?

リンク: 紫外線・可視光線・赤外線…目に悪いのはどれ? [目の病気] All About

紫外線をカットするためには、レンズに色がついている必要はありません。みなさんがかけている普通のメガネ、透明でも紫外線カットのものがほとんどだと思います。

実は肌に悪い!? 日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めによくつかわれる言葉「SPF」と「PA」の違い

日焼け止めにはSPF・PAといった文字が書かれています。漠然と理解するのではなく、しっかりと意味を知ることで紫外線対策に備えましょう。

出典: 紫外線対策! 知っておきたいSPFとPA [皮膚・爪・髪の病気] All About

「紫外線吸収材」は危険なの? 日焼け止めの成分の見方と効果的な塗り方

皮膚から吸収された紫外線吸収剤が体の中のホルモンバランスを乱すのでは…?という心配があるようですが、日焼け止めにはどんな成分が入っているのでしょうか?正しい日焼け止めの選び方と塗り方について伝授します。

出典: 超基本から新情報まで!皮膚科医が教える日焼け対策法 [皮膚・爪・髪の病気] All About

知っているようで知らない!日焼け止めの素朴な疑問リスト

「日焼け止めは肌の負担になるって本当?」「SPF・PAの選び方が分からない!」「よく聞くノンケミカルって何のこと?」など、日焼け止めに関する素朴な疑問、医師の解答は?

出典: 知っているようで知らない!日焼け止めの素朴な疑問 [ビューティティップス] All About

浴びてしまった紫外線…うっかり日焼けした肌のケア方法

傷ついた肌をケアする5つの鉄則

夏の紫外線(UV)は、肌の大敵!UVケアをしても、ついダメージを受けてしまった肌。肌をケアする鉄則をご紹介します。

出典: 夏のダメージ肌をケアする5つの鉄則! [皮膚・爪・髪の病気] All About

シミを消す? 美白化粧品の効果の仕組みと注意点

美白成分であるロドデノールとはいったい何なのか。医療現場で用いられている美白化粧品とあわせて考察します。また美白化粧品を使う上での注意点についても解説します。

出典: シミを消す? 美白化粧品の効果の仕組みと注意点 [皮膚・爪・髪の病気] All About

点滴&内服!「紫外線」対策の最前線

近ごろ話題の「飲む日焼け止め」や、日焼け後の高濃度ビタミン点滴、皮膚の外側からアプローチする「イオン導入」など、美容医療の現場で行われている最新の紫外線対策、必見です。

出典: 2/2 点滴&内服で!老化を早める「紫外線」最新対策ガイド [美容医療] All About