髪にツヤがないと老けて見えてしまうんです!

ツヤ不足の原因は「髪のうねり」、「キューティクルの破損」や「キューティクルの毛羽立ち」といわれています。髪表面が平らな状態の方が光の反射がしやすく、髪の毛の表面がガタガタになると、ツヤが出にくくなってしまうのです。

リンク: ツヤ髪になれる4つの美髪テクニック [ヘアケア] All About

あるマーケティング調査によるとツヤがない髪とツヤがある髪を比較したところ、ツヤがない髪は老けた印象に見える結果が。また、驚くべきことに、髪の毛のうねりは加齢によっておこりやすくなるのです。

リンク: ツヤ髪になれる4つの美髪テクニック [ヘアケア] All About

ツヤがないと老けて見える、は本当か?

顔の印象の7割が髪できまる、なんていわれているように、ツヤや輝きはとても大切な要素です。髪のツヤはどうしたらできるのでしょうか?髪のツヤは光の反射によるものとされています。

出典: ツヤ髪になれる4つの美髪テクニック [ヘアケア] All About

「パサ髪」を「ツヤ髪」に変える6つの方法

【1】シャンプー前のブラッシングを習慣にする

ブラッシングの目的のひとつは、髪のキューティクルを整える事。キューティクルの状態が髪のツヤを左右しますが、キューティクルを整える1番効果の高い方法がブラッシングです。その効果の実感値はとても高く、簡単で安価に髪のツヤをアップできますよ。

出典: 髪と頭皮をケアするブラッシングの基本 [ヘアケア] All About

【2】頭皮マッサージでツヤ髪を育む土台を作る

髪に栄養を与える頭皮の血行は、美しい髪の毛の成長に大きく関わります。頭皮の血行やリンパの流れが良くなることで、抜け毛防止につながるだけでなく、自律神経のバランスを整えたり、眼精疲労や肩凝り、頭痛の解消にもつながります。

出典: 美髪を作る!頭皮&足裏マッサージ [リフレクソロジー] All About

【3】正しいドライヤーの使い方をマスターする

キューティクルは根元から毛先に向かって、うろこ状に重なっているので、その方向を意識する事と、冷やすと閉じるキューティクルの性質を利用して、最後に冷風を掛けるだけ。この2つだけでキューティクルが整い髪のツヤがアップします。

出典: 髪のツヤがUPするドライヤーの使い方 [ヘアケア] All About

【4】紫外線から髪と頭皮を守る!

美しい髪を保つためには紫外線から髪と頭皮を守ることが大切。お顔やボディに比べ、手薄になりがちな髪と頭皮の紫外線対策。紫外線が髪と頭皮に与える影響と対策をご紹介します。

出典: 紫外線が髪と頭皮に与える影響とケア方法 [ヘアケア] All About

【5】ツヤ髪を育てる栄養も忘れずに

健康で美しい髪を作るには栄養バランスの良い食事をとることが大切。太くてハリがあり、しなやかで黒々とした髪は、水分や油分が適量な証拠。髪の毛も体の一部なので血液を毛根を生成する細胞のすみずみまで行き渡らせ、充分な栄養を運ぶ必要があります。

出典: 艶やかで健やかな髪の毛を作る献立レシピ [バランス献立レシピ] All About

【6】アウトバストリートメントを上手に活用する

髪がごわついたり、パサパサでは、キレイな状態にはほど遠くなります。まず、ツヤが欲しい場合はオイルをつけた後、ドライヤーをかけるのが鉄則です。まとまりが欲しい方はミルクやクリーム、軽く仕上げたい方はウォーター系を選びましょう。

出典: 3/3 ツヤ髪になれる4つの美髪テクニック [ヘアケア] All About