【1】いつも無表情で過ごしている

「大笑い」がほうれい線の予防になる

「笑うとほうれい線が目立つから、なるべく表情を変えない」という人もいますが、無表情でいると表情筋が衰えて顔のたるみが進行し、かえってほうれい線が目立ちやすくなります。毎日表情豊かに過ごすことが、実はほうれい線の予防につながるのです。

出典: 2/2 今すぐできる!見た目年齢-5歳のほうれい線撃退術 [スキンケア] All About

顔ヨガで、ほうれい線と決別!

ほうれい線は、ほほの筋肉を引き上げることで解消できます。顔の骨格は変わらないはずなのに、最近顔が大きくなったように感じる方も是非試してください。ほほが上がれば、きゅっと引き締まった顔になり、顔全体が小さく見える効果もあります。

出典: 顔ヨガで、ほうれい線とブルドッグラインと決別! [小顔] All About

【2】暇さえあればスマホやタブレットを見ている

目の疲れは、目の下のたるみにつながる

パソコンやスマホ、まばたきなどで目が疲れると、周辺の筋肉が緊張してしまい、いわゆる肩こりのような状態に。そして、この「こり」が蓄積されると目の筋肉と口の筋肉をつないでいる「上唇挙筋」が凝り固まって、ほうれい線になってしまうのです。

出典: 見た目年齢が大きく変わる「ほうれい線」の原因 [ほうれい線] All About

ホットタオルで目元の疲れ&お疲れサインを撃退!

蒸しタオルを折りたたみ、目元を覆うようにのせます。目元を温めることで血流を促進。目の疲れだけでなく、目元のくすみやクマの解消にも効果的です。またアイクリームを塗った後にのせれば、クリームの伸びも良くなり、なじみやすくなります。

出典: 蒸しタオル温め美容で、秋冬のくすみ肌を解消! [スキンケア] All About

【3】充分な紫外線対策をしていない

曇りでも室内にいても紫外線ケアは必要!

紫外線はコラーゲンファイバーを切断してしまうので、たるみ・シワの原因になってしまうんです。たとえ美白に力を入れていなくても、毎日の紫外線対策は必須!曇りの日でも、ずっと室内にいる日でも、実はUVケアは必要なのです。

出典: 2/3 どうする?ホウレイ線が目立ってきた! [ほうれい線] All About

最強日焼け止め&UVカット下地20選

春夏の必需品、日焼け止めの選び方をプロ目線で解説します。SPFは高いほうがいい?UVクリームと化粧下地の使いわけのコツは?など素朴な疑問を一気に解消して美肌をキープ!

出典: 最強日焼け止め&UVカット下地20選 [スキンケア特集] All About

【4】毎日の保湿を怠っている

乾燥すればシワが深くなるのは、目元のシワもほうれい線も同じこと。今あるシワをさらに深くしないために、毎日しっかりと保湿するように意識してください。

「保湿ケア」間違っていませんか?

肌の保湿は、毎日正しく行なうことが大切です。もしそのケア方法が間違っているとしたら、お肌にとって逆効果になってしまうことも。今回は、正しい「保湿ケア」について解説していきます。

出典: 「保湿ケア」間違っていませんか? [ビューティティップス] All About

【5】片側だけで「寝る」「物を噛む」「頬杖をつく」クセがある

片側だけほうれい線がくっきりしている人は……

片方だけほうれい線がくっきり入っている人は、片側だけを向いて寝ていたり、食事をするときに片方の奥歯だけで噛むなどの噛み癖があったり、頬づえをよくつくクセのある人が多いので注意しましょう。

出典: 14/26 今一度おさらい!肌のお悩み解消Q&A [スキンケア特集] All About

目指せシンメトリー美人!30秒で自力整形できる顔ヨガ

眉、目、ほほ、口角の位置や高さ、形をしっかり細かくチェックすると、左右に差があることに気づくでしょう。実はこれ、「顔のゆがみ」なのです。たった30秒の顔ヨガで、左右バランスを自力整形し、シンメトリー美人を目指しましょう!

出典: 目指せシンメトリー美人!30秒で自力整形できる顔ヨガ [小顔] All About