1.上野動物園

一番人気のジャイアントパンダに会いに行こう!

上野動物園は、日本国内でパンダが見られる3つの動物園のひとつで、愛くるしいジャイアントパンダは特に人気者となっています。園内では専門のスタッフ「動物解説員」による約45分間のガイドツアーも行われているので、ホッキョクグマやカピバラ、キリンなど様々な動物たちの新たな側面を発見できるかもしれませんよ。

■上野動物園
住所:〒110-8711 東京都台東区上野公園9-83
料金:一般 600円、中学生 200円、65歳以上 300円
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

出典: 大人になってからも楽しめる「上野動物園」 [動物園] All About

2.多摩動物公園

キュートなコアラに会える!

園内は、オーストラリア園やアフリカ園、アジア園や昆虫園と4つのゾーンに分かれていて、なかでも、オーストラリア園のコアラ館は大勢の人で賑わっています。ウサギやタヌキなど、昔話に登場する動物を巡るコースや、様々な蝶が舞う大規模な温室やサバンナの眺望をのんびりと楽しむコースなど、目的別にお気に入りのコースを選んで散策してみるのもおすすめですよ。

■多摩動物公園
住所:東京都日野市程久保7-1-1
開園時間:9:30~17:00
料金:一般 600円、中学生 200円、65歳以上 300円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生 無料
休園日:水曜日、年末年始

出典: 動物&乗り物好きにオススメ!「多摩動物公園」 [動物園] All About

3.井の頭自然文化園

日本で最も長寿のアジアゾウ「はな子」で有名!

人気者のゾウ「はな子」に会えるほか、モルモットを抱っこできる「モルモットコーナー」や、かわいいリスたちを間近に見られる「リスの小径」もあり、動物とたくさん触れ合いたい家族やカップルに人気です。園内には、ミニ遊園地や彫刻園のほか、水生動物が見られる「水生物園」も完備しています。

■井の頭自然文化園
住所:武蔵野市御殿山1-17-6
開園時間:9:30~17:00(入園券の発売は16時まで)
入園料:一般400円 中学生150円 65歳以上200円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生無料。中学生は生徒手帳持参。
休園日:毎週月曜
※月曜が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は翌日が休園日)

出典: 日本最長寿のゾウ・はな子がいる「井の頭自然文化園」 [東京の観光・旅行] All About

4.東板橋公園内にある「こども動物園 本園」

動物へのエサやり体験もできる!

園内には、ニホンジカやヒツジ、ポニーやモルモットなどのほ乳類のほか、クジャクやフラミンゴなどの鳥類も生息しています。「はなしがい広場」では、職員の方のサポートを受けながら、ヒツジやヤギに指定のエサを直接あげることもできますよ。

■こども動物園 本園
住所:板橋区板橋3-50-1
開園時間:10:00~16:30(12月~2月は10:00~16:00)
入園料:無料
休園日:月曜日(祝日の場合は直後の平日に振替) 12月29日~1月3日

出典: こども動物園 本園(東板橋公園内) | 板橋区

5.まちだリス園

リスなどの小動物好きにはたまらない!

園内には、外周が200mほどもある広大な放し飼い広場に200匹ほどのタイワンリスが生息しており、エサのひまわりの種を直接あげることもできます。また、ふれあい広場には、モルモットスペースやうさぎスペースもあり、それぞれお気に入りの小動物たちと存分に楽しい時間を過ごすことができますよ。

■町田リス園
住所:東京都町田市金井町733-1
営業時間:10:00~16:00(季節により異なる)
休園日:火曜日、年末年始など
料金:大人400円/子供(3歳以上小学生)200円

出典: 大人でも思う存分触れあえる!「町田リス園」 [動物園] All About

6.羽村市動物公園

レッサーパンダがお迎えしてくれる!

正門を入って左手には木登りを楽しむ「ウェルカムレッサーパンダ」の愛くるしい姿が見られます。「ふれあいコーナー」ではヤギやミニブタにエサやりをしたり、「どきどきハンズオン」ではモルモットやひよこに触ることができますよ。サバンナ園には、シマウマやキリン、ペリカンなどが混合飼育されています。

■羽村市動物公園
住所:東京都羽村市羽4122
営業時間:9:00~16:30(季節により異なる)
休園日:月曜日、年末年始など
料金:大人300円/子供(4歳以上中学生)50円

出典: 羽村市動物公園