年をとっても美肌でいるための9つの習慣

1.安い化粧水も使い方次第!コットンパックを継続でうるおい満ちた肌

美肌アドバイザーであり、自身も透き通るような肌の持ち主である佐伯チズさんがずっと続けてきたのがコットンパック。続けることで、うるおいに満ちた肌に。

出典: プチプラで嬉しいハトムギ化粧水・はがせるコットン [化粧品・コスメ] All About

2.伝統美容「あずき・米ぬか・はと麦」で肌の基礎体力をつける

20代でアメリカにわたりメイクアップアーティストとして活躍した堀切さんが継続しているのが、昔ながらの伝統美容。はと麦、ぬか、あずき粉など、日本人の生活に馴染み深いものを普段から愛用しているそう。

出典: 米ぬか洗顔・緑茶うがい…京美人の美の秘訣 [アンチエイジング] All About

3.10年後の肌を左右する!帽子や日傘での紫外線カットを怠らない

過紫外線のダメージは、すぐに肌に表れるわけではありません。紫外線は、肌の奥の真皮にあるコラーゲン繊維まで到達し、肌のハリと弾力性が徐々に失われたり、シミやくすみができやすくなったりします。毎日のケアが10年後の肌を左右します。

出典: 8/13 老けない女になる!アーリーアンチエイジングの答え [スキンケア特集] All About

4.その歴史900年!中東女性の美肌をつくってきたローズ水を活用

美人が多いといわれるトルコ人の美肌を昔から支えてきたのが、ローズ。肌が元々持っている自然の保湿機能を取り戻すのを助け、肌がスムーズに呼吸できる環境を整えた上で引き締める効果があります。

出典: トルコでは900年前から愛用!ローズウォーター [トルコ] All About

5.決まった美容法に固執しない!新しいものを楽しむ「冒険心」も持つ

新橋花柳界の売れっ子芸者から、人気フラワーデザイナーへと転身した花千代さん。新しい美容法にはどんどんチャレンジし、「進化を取り入れる」ことの大切さを解いています。

出典: 4/4 vol.3 花千代さんのポジティブビューティー [エステ・スパ] All About

6.肉とバターの過剰摂取を控え、「良質な油」を食事に取り入れる

脂肪分の過剰摂取は、肌の大敵。とはいえ、食事から油分を完全にカットするのもNG。良質な植物性の油や魚の油を食生活に取り入れることが大切です。

出典: 美魔女の条件は、油にあった! [ボディケア] All About

7.昔ながらのエコな知恵!栄養豊富なコメのとぎ汁で洗顔

米のとぎ汁にはビタミンやミネラルが豊富なため、洗顔の際に利用すると、しっとりツルツルになると言われています。

出典: 2/2 お米を“研ぐ”ってどういうこと? [一人暮らし] All About

8.甘酒、漬物、納豆…「和」な発酵食品で内側からキレイを作る

和食に欠かせないのが、納豆や味噌・漬物・塩辛・醤油・酢などの発酵食品。サビない体を作る抗酸化効果や美白効果が期待できるそう。

出典: 発酵食品で体の中から健康美人になる! [美容食・インナービューティー] All About

9.美肌のおじいちゃん・おばあちゃんが多い村の名産が…こんにゃくイモ!?

山梨県の村に、美肌の年配男女が多い村があると、まことしやかに語られているそうですが、その村の名産が、「こんにゃくイモ」。ウワサを聞きつけたハリウッドセレブが、日本のこんにゃくイモにシワをなくす効果を期待しているとのことですが……。

出典: ハリウッド女優の美容法をあなたがマネても効果がない理由 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)