毎月いくら貯めればいい?どう貯めればいい?

お給料の何%を貯蓄にまわせばいいの?

お金は貯めることが目的ではありませんし、正解はありません。それぞれの家庭でどれだけ貯めればいいか、何のためにどれだけ必要かなど、年齢やライフステージによって変わる貯蓄割合の目標をどう立てればいいでしょうか。そこで、世代別貯蓄割合の目安をご紹介しますので、あなたに合った貯蓄法を見つけてください。

出典: 2/2 給料の何%を貯蓄にまわせばいい? [仕事・給与] All About

参考にしたい!貯蓄にまわす金額の平均ランキング

gooが実施するgooランキングの中の「毎月の収入から貯蓄に まわす金額平均ランキング」を例に見ながら、着実に財産を増やす方法を考えていきます。ガイドの平田浩章さんは「ちょっとした心がけが大事」と言います。それはどんなことなのか、さっそく見ていきましょう。

出典: 貯蓄にまわす金額の平均ランキング [貯蓄] All About

知ってましたか?「16.7の法則」家計の基礎づくり

家計管理でまず思うのが「いくら貯めればいい?」ということですが、まずは安心した暮らしが送れるよう、年収の半分を貯めましょう。 5300人以上もの家計相談を見てきたガイドの横山光昭さんが、「先入観は持たずにまずは始めることが大事」と、的確なアドバイスをします。

出典: 新年から始める!「16.7の法則」家計の基礎づくり [お金を貯める体質改善ノート] All About

手取りの1~2割が目安?貯蓄の理想と現実

いざお金を貯めようと思っても、いきなり高い目標を立てると続きませんし、その人の暮らし方などによっても貯蓄に回せる額は違います。無理をせずに、例えば毎月の手取り収入が30万 円なら1割は3万円。残り27万円でやりくりしてみてはいかがでしょう。これなら続けられそうですよね? 詳しくご紹介します。

出典: 目安は手取りの1~2割?お金の貯め方、理想と現実 [預金・貯金] All About

共働きなら月10万円貯めるのが常識?あなたの家計は?

年齢が高くなるほど世帯年収も上昇しますが、貯蓄額も上昇するかというとそうではないのが昨今。逆に、教育費や住宅ローンなどで支出が高くなり、貯蓄率が減少します。そんななか、共働きの家族では収入に関係なくどのくらいを貯蓄に回せばいいのでしょうか。年代別調査をもとに、具体的にアドバイスします!

出典: 2/3 共働きなら月10万円貯蓄が常識!? [ふたりで学ぶマネー術] All About