「理想の母親像」の罠

「母とはかくあるべし」という強い思いはリバウンドを起こす

子供を慈しみ愛情深く育てる母/子供を支配してのみ込んでしまう恐ろしい母。世界共通の母親像のイメージは極端な二面性を持ちます。日本では前者ばかり強調されてきましたが、「よい母」のイメージのみに注目するほど、聖母イメージのリバウンドが起こります。

出典: 本当は怖い!「毒母ブーム」の裏にあるもの [ストレス] All About

家族のためにつくす「いい妻、いい母」は時に家族の笑顔を奪う

「自己犠牲」して人生を夫や子供に捧げてつくす「いい妻」「いい母」こそ、夫婦や家庭のトラブルを生む元凶になることがあります。「自分の人生を生きているか」をきちんと問い直し、家族間の共依存を解放するには?

出典: 「いい妻、いい母」が家族の笑顔を奪うわけ [ストレス] All About

新たに出てきた働く母親像

家事も育児も仕事も完璧にこなす「キラキラママ」は誰のため?

メディアで取り上げられるワーキングマザーは、なぜみんな判を押したようにああも完璧なのか。あれを見て劣等感に苛まれるワーキングマザーの方が安定多数でしょう。本当にワーママのため?

出典: 「キラキラ女子」ブランディングは誰のため? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

既にこれだけ頑張っているのに……働くママ応援CMへの違和感

働くママが頑張りまくっているのに自分に満足していなさそうな食品会社のCMにプレッシャーを感じたお母さんへ。料理=母の愛!?「料理というのは料理が好きな人がするもの」では?

出典: 息がつまる「母親の役割」 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

家事の手抜きができないママへ

「手抜き」でなく「効率化」「ワークシェア」と言い換えて

「どれだけ自分を犠牲にして家族の世話をしてきたか」を、愛情のスケールとして語られてきた完璧母に育てられたママの中には、家事の手抜きに罪悪感を感じる人が多いよう。日々の作業をリストアップ&図式化して、家事の効率化&ワークシェアを進めてみましょう。

出典: 手を抜けないママたちへ ~家事を可視化してみよう~ [子育て] All About

共働き社会では母親像も変わるもの…思い切って母業外注も手

女性の社会進出が進む現在の日本は、その刷り込まれた母親像を変えていかないといけない時期。なかなか浸透しないのが、家事外注ですが、人に頼る=自分が至らないからではありません。ママの精神的な余裕は、子供の笑顔につながります。

出典: ママと子どもの笑顔が倍増 フランス流母業外注って? [子育て] All About

「ママだから頑張らなきゃ」は白紙に!子育てパワーは80%で

掃除はキライ、食事も今日は疲れたと思えば簡単メニュー……。そんなママだって大丈夫。ただ1つだけ、子供の呼びかけにはきちんと目を見て答える、たったこれだけはまずは心がけてみて下さい。完璧にできなくても、ママは子供にとっての太陽でいられます。

出典: 子育てパワーは、80%でいきましょう! [乳児育児] All About

子供が伸びる!グッド・イナフ・マザーになろう

完璧な母を目指すより、ほどほどに子育てをした方が子供が伸びる

いつも夫や子供のことを優先させ、家族の幸せのために生きる母――こうした「聖母像」など、社会が作り出した幻想です。「いい母」への執着を捨ましょう。子供をのびのび成長させ、家庭を楽しい場所にさせる「グッド・イナフ・マザー」になるには?

出典: 子どもが伸びる「グッド・イナフ・マザー」になる方法 [ストレス] All About