検査してみて「疑わしきは罰する」が健康診断の基本姿勢

検査は受けることではなく、あとの結果をどう活用するかが本当に重要なところです。…まず大丈夫と思える異常とは言えないようなわずかな異常についても、念のために記載しますし、場合によっては、3ヶ月後や半年後に再検査という指示を出すこともあります。検査結果を見るときには、このことを念頭に置いていただくと良いと思います。

リンク: 健康診断の基礎知識 [健康診断・検診・人間ドック] All About

尿検査でわかること

尿のなかに含まれていてはいけない「4つの成分」をチェックをすると分かること

もっとも簡単でポピュラーな尿検査。実は身体に負担がかからない検査であるとともに、色々な臓器の異常や疾病の徴候を見ることができるんです。

出典: おしっこで何がわかるの?尿検査の基礎知識 [健康診断・検診・人間ドック] All About

検便・便検査でわかること

便中の血液をチェックしてがんの早期発見に!

検便。初めて聞くと多分にショッキングな検査ですが、近年、ますます重要度を増しています。今の検便は何を見ているのかというと、もちろん、消化器系のがんであり、その検査法も大きく様変わりしているんです。

出典: 検便で何がわかるの?便潜血検査の基礎知識 [健康診断・検診・人間ドック] All About

「便潜血陽性」だったらどうすればいい?考えられる病気は?

健康診断で、便潜血陽性ということで精密検査をすすめられたら不安になりますね。放置はいけませんが、心配しすぎるのも問題。原因となる疾患や、何科を受診すべきなのかについて、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

出典: 要精密検査? 健康診断で「便潜血陽性」と言われたら [健康診断・検診・人間ドック] All About

血液検査でわかること

血液検査の目的は大きく分けて2つ。「正常値」ってそもそも何だ?

血液検査をする機会は多く、最近ではそれらの結果を医療機関で渡されるようになりましたが、何が書いてあるのかわかりにくい、という方も多いと思います。血液検査の目的と「正常値」についての考え方をご紹介!

出典: 血液検査の目的、正常値 [健康診断・検診・人間ドック] All About

血液検査の結果が返ってきた、数値はこう見よう!

病院や検診センターで採血をしてもらった後、お手元に血液検査の結果が返ってきたら、どのようにして読めばよいのでしょうか? 血液検査の見方のポイントをわかりやすく解説します。

出典: 血液検査結果の活用法、数値の読み方 [健康診断・検診・人間ドック] All About

どちらにするか迷う…胃カメラとバリウム検査でわかること

胃カメラかバリウムか…?それぞれのメリットデメリットとは?

「先生、胃カメラとバリウム、どっちを受けるのがいいのか?」と悩む人も多いかも。胃カメラとバリウム検査の基本がわかれば、自ずと答えは見えてきます。

出典: 検査の基本! 胃カメラかバリウムか…… [癌(がん)] All About

腫瘍マーカーでわかること

低くても要注意?正しい腫瘍マーカーの活用法

がん検診で腫瘍マーカーの測定をされる方も多いと思います。しかしCEA、CA19-9、AFPなどが何を意味する検査数値なのかわかりにくい方も多いのではないでしょうか?これらの有効活用についてお話します。

出典: 低くても要注意?健診の腫瘍マーカーとは [癌(がん)] All About

MRIとCT検査でわかること

意外に知らないMRIとCTの基礎知識 

脳MRIや肺のCTなどを受ける機会は、それほど多くないだけに「何か詳しい検査」というあいまいなイメージですよね。基本的な内容を整理しておきましょう。

出典: MRIとCTの基礎知識 [健康診断・検診・人間ドック] All About

「肺に影がある」=「肺がん」!?

何気なく受けた健康診断のレントゲン検査で、「肺に影がある」という結果が出てきたら誰しも不安になります。肺に影がある場合の考えられる病気とは? 経過観察でも大丈夫なのか?素朴な疑問にお答えします。

出典: 病気?再検査? 健康診断で肺に影があると言われたら [健康診断・検診・人間ドック] All About