なぜうちの子は走ることが苦手なの?

走るどころか、日常の基本動作ができない子が増えている!?

最近、転んだ時に手が出ないなど、命を守る上で必要な基本動作さえできない子どもが増えているのだとか。子どもの心と体と頭を伸ばす「36」の基本動作についてご紹介します。

出典: 2/4 子どもが伸びる「36」の基本動作とは [子供と遊ぶ] All About

足の指に力が入らないと走るのが遅くなる!

「浮き指」とは、直立の姿勢で立っている時に足の指に力が加わっていない状態のことで、足の指に力が加わっていない → 土踏まずができない → 運動能力が育たないという結果を生み出してしまうのです。

出典: 2/3 かけっこで1番になる!「運動会必勝塾」 [子供と遊ぶ] All About

運動機能に悪影響!こんな座り方をしていませんか?

女の子に多い、いわゆる「ぺたんこ座り」。実は運動能力に影響することはあまり知られていません。少し専門的ですが、とても大切なこの部分について分かりやすく解説します。

出典: 子どもの頃の座り姿勢が運動機能に与える影響 [運動と健康] All About

はやく走れる子に育てるためのコツは?

はやく走れる子に育てるため、幼児期にできることは?

動けることが嬉しいかのように、1分1秒もじっとしてないのが幼児。全身の協調運動能力を高める遊びができる良い時期に、どんなことをすれば効果的なのでしょうか。

出典: 走ることが得意な子どもに育てるには [早期教育・幼児教育] All About

速く走れた! 達成感とやりぬく力の育て方

いくら才能に恵まれていたとしても、すぐに心が折れてしまうようでは力を発揮できません。「やりぬく力」を培うことで、その子は学校でも社会でも活躍できると分かっています。最後まであきらめずに走りぬくことができる子が持つ能力とは?

出典: 子供が成功する鍵!「グリット」を育む6つのヒント [子育て] All About

幼少期の運動経験が将来の安定した心をつくるキモになる

運動学習は経験で育つもの。その運動が心に強く影響を与えているとなんとなく感じている人も多いかも。体あっての脳であり、心です。子ども時代の運動が将来の心の安定につながるといっても過言ではないかもしれません。

出典: 私たちの心は、体のあとに付いてくる [運動と健康] All About

運動会直前ならコレ!親ができるかけっこ対策

ポイントは2つだけ!家庭でできるかけっこ練習テクニック

かけっこが得意な人はより速く、苦手な人も、今年こそは1番でゴールテープを切るために、自宅でできる練習方法を、「スポーツ家庭教師」に教えていただきました!

出典: 運動会のかけっこで1番になる方法教えます! [子供と遊ぶ] All About

脳科学で分析! 運動会のかけっこが劇的に速くなる3つの極意

走るのが苦手なのではなく、走り方を「知らない」だけ。なにげなく私たちがやっている動作である「走る」ことにも基本や理論があります。それを今からまず親が勉強しておいて、子どもに教えればいいだけなんです。

出典: 脳科学で分析! 運動会のかけっこが劇的に速くなる3つの極意 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

運動会で速く走るための靴選び

その日の体調やスタートの出来、不出来が結果を分ける子どもの徒競争。今から走る練習してもちょっと間に合わない…というとき、最後の頼みは靴選びです!

出典: 運動会で速く走るための靴選び [子供と遊ぶ] All About