親がカギを握っている”やる気の心理法則”とは?

子供のやる気のアップ・ダウンは、親の言動や接し方が関係していることがよくあります。子供がやる気を上げる要素、そして下げる要素をマスターしておきましょう。

子どものやる気を伸ばすには「説得」より「報酬」

子どもが自発的に学習や生活管理ができるように導くためのコツとは? 「トークン・エコノミー」という行動療法の活用法をお伝えします。

出典: 「説得」より「報酬」で子どものやる気を伸ばす方法 [ストレス] All About

小学生でやる気をキープするには3歳までのほめ方を工夫すべし

アメリカの研究で分かったのは、子どものやる気は、長い年月で育まれるものということ。その場になって慌てないためにも、小さい頃からの取り組みが大事になってきます。この記事では、3歳までに実践しておきたいほめ方のポイントをご紹介していきます。

出典: 3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気 [子育て] All About

こんな行動に要注意! 親がやってしまいがちなミスとは?

親が良かれと思ってやっていることが、逆に子供のやる気を削いでしまっていることがあります。子供たちのやる気をなくす親の言葉や態度とは?

親から子への「あなたのためを思って」

親がよく言ってしまう、「あなたのためを思って言っているのよ!」という言葉。言った親側の心理、そして言われた子供側の心理とは?

出典: 「あなたのためを思って」は、子どもに響かない [子育て] All About

やる気アップの3つの落とし穴

多くの親が悩む子供のやる気アップ。親はあの手この手でアプローチしますが、そのときに気をつけたい落とし穴とは?

出典: 子供のやる気アップ、親が気をつけたい3つの落とし穴 [子育て] All About

ほめればやる気になるかというとそうではない!

やる気アップのツールに用いられる「ほめ」の力。確かに効果大のツールですが、むやみやたらとほめればいいわけではありません。やる気アップするためのほめ方、やっていいこと悪いこととは?

子どもをやる気にするたったひとつの習慣とは?

「ほめて伸ばしましょう」と育児書などに書いてありますが、ほめ方にも良し悪しがあります。子どものやる気を高めるために、ほめる以上に大事なこととは?

出典: ほめるな、危険! 子どもをやる気にするひとつの習慣 [子供の教育] All About

ほめる時にやるべきこと、やるべきでないこと7

ほめるのは叱るよりも簡単に思えます。しかし、意外と上手にほめるのは難しいもの。ここでは、ほめるシーンでの「すべきこと」「すべきでないこと」を子育て心理学の観点からお伝えしていきます。

出典: 子供がやる気になる! 心理学を活用したほめ方のコツ7 [子育て] All About

なにをやってもダメ、そんなときは視点を変えてみよう!

得意を伸ばす、苦手を克服する、どちらが子育てにおすすめ?

「うちの子、全然やる気がなくって…」と悩む方は、視点を変えてみると、やる気の芽を見つけやすくなります。スイスの研究で分かった子供をやる気にさせるコツとは?

出典: 「強みの強化」と「弱みの克服」。どちらが子育てに効果アリ? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

ちょっと言い方を変えて、成功した時のメリットを伝えてみよう!

お子さんのモチベーションアップの工夫、どんなことをしていますか? 親の言い方を少し変えるだけで、子供の受け取り方が変わり、それがやる気につながります。イギリスの大学が行った実験結果とともに、声かけのコツをお伝えします。

出典: 子供のやる気がアップするママの声かけの秘訣[子育て] All About

心理学から見た「子供のやる気アップ」ですべきこと

子供のやる気を上げるには、小手先のテクニックではなく、子供の心理を理解することが大切です。心理学から見た「やる気アップの王道」とは?

心理学から見た「やる気スイッチ」を入れる2つのモチベーション

やる気を持続させるには、モチベーションをバランスよく保つのがコツです。子供をやる気にさせる、2種類のモチベーションについてお伝えします。

出典: 「やる気スイッチ」を入れる2種類のモチベーション [ストレス] All About

バリッシュ博士のやる気の公式から導く、子供のやる気アップ5

やる気アップの特効薬があるのなら、すぐにでもトライしたいと思われる方も多いはず。ここでは、心理学者のバリッシュ博士が提唱する「やる気の公式」から、親が心がけたい5つのポイントをお伝えします。

出典: 「子供のやる気アップ」親が心がけたい5つのポイント [子育て] All About