京都の超有名観光名所

清水の舞台から飛び降りた人の意外な生存率

思い切ったことをするときに言う「清水の舞台から飛び降りる」。江戸時代には、実際に飛び降りた人がかなりいたそうです。統計によれば、生存率は約85%。意外に多くの人が命を落とさずに済んだことが驚きです。

出典: 清水寺 よだん堂 | 音羽山 清水寺

現在の京都御所は、天皇の仮住まいだった?

平安京ができた当時の御所は、現在の「京都御所(京都御苑)」よりもだいぶ西に位置していました。現在の御所は、元々は内裏が焼失するなどした際に天皇が住まわれる里内裏(仮住まい)のひとつで、1331年以降、正式な御所になりました。

出典: 環境省_御苑案内図(京都御所)

京都に行ったら味わいたい!

夏の京都の風物詩

渓流の流れの上に"床"をしつらえ、その上で会席料理をいただく「川床料理」は京都の夏の風物詩。その歴史は意外と古くなく、洛北・貴船の料理旅館『ふじや』の先々代が、川の中に床几を置いてお客さんに涼んでもらったのがはじまり。

出典: 3/3 初秋の京都 季節の移ろいを感じる鞍馬・貴船の旅 [京都の観光・旅行] All About

"醍醐味"って、一体どんな味?

「非常に美味しい味」や「物事の本当の味わい」を意味する言葉"醍醐味(だいごみ)"。桜などの名所として知られる醍醐寺では、「醍醐水」と呼ばれる霊水を飲むことができます。いったいどんな味なのでしょう?

出典: 世界遺産・醍醐寺の上醍醐ハイキング!霊泉・醍醐水を目指して! | 京都府 | トラベルjp<たびねす>

"誕生日"に"おへそ"、まるで人間みたいな京都

京都には"誕生日"がある?

京都には、"誕生日"があります。それは、平安京に遷都された西暦794年の10月22日。毎年、10月22日には「時代祭」が行われ、明治から延暦時代(平安時代前期)までの各時代の衣装を身につけた約2000名の行列が京都市街を練り歩きます。

出典: 4/4 京都三大祭り、2016年の日程と観覧のポイント [京都の観光・旅行] All About

京都には"おへそ"がある?

京都の街には、まるで人間の体のように"おへそ"があります。「へそ石」と呼ばれる不思議な六角形の石は、「六角堂」の名前で親しまれている頂法寺の境内にあります。

出典: 2/3 夏の一人旅にオススメ? 京都の不思議スポットめぐり [一人旅] All About

ちょっと怖いかもしれない穴場スポット

日本で一番狭いホーム?

京福電車(嵐電)の「山ノ内駅」は「日本で一番狭いホーム」とよく言われます。厳密には路面電車の電停で白線が引かれているだけの場所などもあるので、本当に日本一かは分かりませんが、かなり狭いことは確か。電車と車道の信号が連動式になっているので、ホーム上で電車が来るのを待つ必要はありません。

出典: 2/3 京都観光で役立つ?電車・バスにまつわる5つの話 [京都の観光・旅行] All About

"あの世"へと通じる井戸

六道珍皇寺境内には、平安時代初期に活躍した小野篁(おののたかむら)が、この世とあの世を自由に行き来するのに使ったといわれる井戸があります。篁は、この井戸を通って"あの世"へ行き、地獄で閻魔大王の臣下として仕えていたとされます。

出典: 夏の一人旅にオススメ? 京都の不思議スポットめぐり [一人旅] All About

"千年の都"京都の歴史

奈良の大仏より大きな大仏が京都にあった?

大仏と言えば、奈良や鎌倉の大仏が有名ですが、かつて豊臣秀吉によって奈良の大仏をしのぐ大仏と大仏殿が京都に造立されました。(写真は、奈良東大寺の大仏)

出典: 豊臣の盛衰刻んだ大仏の梵鐘 方広寺(京都市) 古きを歩けば(47)|エンタメ!|NIKKEI STYLE

"千年の都"京都の建物の多くは江戸時代以降に建てられた

京都は、これまで度重なる火災や戦火に見舞われ、とくに応仁の乱(1467~1477)では、京都の市街地のほぼ全域が焼け野原になりました。そのため、現在、京都に残る建物のほとんどは江戸時代以降に建て直されたもの。しかし、いくつかの古い建物が現存しており、一番古いのは醍醐寺の五重塔(写真)で、平安時代前期の建築です。

出典: きょうと修学旅行ナビ > 京都を学ぼう > 京都の文化