輸入車オープンを選ぶなら

クラス別にオススメ、輸入車オープンの選び方

輸入車に視野を広げてみれば驚くほど多くのオープンカーが選べます。実用コンパクトからスポーツカー、さらにはハイエンドスーパースターまで、5つのボディサイズ別におすすめモデルを紹介していきます。

出典: 輸入オープンカーの選び方 クラス別のおすすめは? [輸入車] All About

コンパクトからハイエンドまで。輸入オープンカーレビュー

MINIコンバーチブル

順調に派生モデルを増やす“小さな高級車”MINIの4座オープン。ゴーカートライクは健在、 “これぞMINI”が楽しめます。洒落たソフトトップにも注目です。

出典: MINIコンバーチブルは新型も”ゴーカートライク” [MINI] All About

BMW Z4

コンパクトで走りの楽しいFRのロードスター&クーペ、ロングノーズ・ショートデッキスタイルのスタイリングは「カッコイイ!」のひと言。交差点をひらりと曲がるとき、これまで乗っていたセダンやミニバン、コンパクトカーとは全く違う次元の気持ち良さに驚くはず。

出典: “今”の自分を明るくする、真っすぐに格好いいZ4 [BMW] All About

ジャガー Fタイプ

初期のブランドイメージへの原点回帰ともいうべき、ジャガーにとってEタイプ以来の本格スポーツカーとなるFタイプ。“ジャガーらしい”という表現がこの50年間で最も似合う2シーターオープンです。

出典: “ジャガーらしい”が最も似合う本格派、Fタイプ [ジャガー] All About

ランボルギーニ ウラカンLP610-4スパイダー

エレガントなソフトップスタイルのスーパーカー。性能を発揮せずとも、燦々ときらめく陽光を浴びてのんびりとクルージングする気持ちよさは別格。センスの良い内外装の選択、使いこなす器量が求められる、最上級のライフスタイルアイテムです。

出典: ウラカンスパイダー×マイアミ=スーパーカー [ランボルギーニ] All About

フェラーリ 488スパイダー

ついにターボエンジンを搭載した、フェラーリの中核モデルであるV8ミッドシップ2シーター。新型といっていいほどアップデートされた驚くべき絶対性能のハードルーフをもつスパイダーは、他ブランドのターボモデルとは比べられないほど官能的なのです。

出典: フェラーリ488GTB&スパイダー試乗。新・人馬一体理論 [Ferrari(フェラーリ)] All About

ロールスロイス ドーン

今、オーナードリブンとしての魅力際立つロールスロイスの4シーターオープン。贅を凝らしたインテリア、静けさと開放感、上品かつ洗練された加速フィール……すべてがパーフェクトです。

出典: “ロールスロイス新時代”に乗る。オープンのドーン [輸入車] All About

ルノー ウインド

2013年まで販売されていた、回転格納式のルーフをもつ2シーターオープン。ミドシップスポーツのようなスタイルと、オープンゆえのファッショナブルさ、そしてRSゆずりの痛快な走り……と魅力満載。フランス味もとても濃いモデルです。

出典: 小さくても魅力満載、オープン“スポーツ”ウインド [ルノー] All About

ポルシェ ボクスター

レビューは2016年に水平対向ターボを積む718ボクスターへとモデルチェンジする以前の3世代目。NAの水平対向エンジンを搭載したポルシェのNo.1スポーツカーで、軽く流していても気持ちがすーっと晴れてゆくようです。

出典: 乗れば分かる、ポルシェNo.1スポーツはボクスター [ポルシェ] All About