愛犬が下痢をしている…まずは元気と食欲の変化について確認しよう

元気で食欲もあるのに下痢をしている場合は、人間にもありがちな一過性の下痢であることが多いです。「犬が遊び過ぎで疲れている」「食べ過ぎ」「脂肪分の摂り過ぎ」などが原因です。
特に子犬は一日中遊ぶと、次の日にも疲れが取れずに下痢になることがあります。
食べ過ぎや脂肪分の摂り過ぎの場合は、食事やドッグフードを工夫することで改善できます。

リンク: 犬の下痢、原因は食事?嘔吐や血便があるときは?対策まとめ - pepy

犬がお腹を壊したときは食事で改善!

お腹の調子が悪い時には、まずは絶食して胃腸を休ませることが大切です。ただ脱水症状に気をつけたいので、水分補給は欠かさないこと!本葛粉を使って葛湯を作ってみるのもオススメです。また、消化に負担がかかり、胃腸を疲れさせる可能性が高いクッキー、ジャーキーなどの固いもの、脂身の多い肉類、食品添加物が多く含まれる加工品は、お腹を壊した時には避けましょう。

出典: 犬がお腹を壊した時、避けたい食材とあげたい食材 [犬] All About

元気も食欲もない場合は動物病院へ連れていこう

犬の食欲がないときは病気の疑いも

もしも犬に元気がなく食欲に急激な変化が現れた場合、獣医師に相談して原因をつきとめなければなりません。嘔吐・下痢がある場合は感染症や消化器の病気などの恐れもありますので、便や吐いたものを持参してすぐに動物病院へ行きましょう。

出典: 犬の食欲がない時に疑う病気 | 犬の病気の事なら何でもお任せ!犬の病気navi

愛犬の血便は危険信号!

血便が出たときは血の色と付着している場所を確認

便の外周に鮮血が付着している場合は、大腸後半(下行結腸・直腸)から肛門までの間で出血している可能性が高いです。 便の内外全般に血が混じるときは、小腸や大腸前半での出血を疑うことができます。また、血の色が黒っぽいのであれば、口から胃、小腸に至るどこかが出血部位と考えられます。

出典: 犬-血便が出る

血が混じっているだけなら「痔」の可能性も

状態の良い便の後の鮮血や、少し固まったようなねっとりしたような血は肛門付近で起こっている出血で、人間で言う「痔」という事もあります。もちろん腫瘍である可能性も否めませんが、食事を見直し、すぐに落ち着くようであればさほど心配は要らないでしょう。

リンク: 犬の下痢・血便・便に異常 | 症状別 | 犬の病気大辞典

嘔吐を伴う場合は要注意!

下痢と一緒に嘔吐も見られる場合には、深刻な感染症の可能性があります。
食中毒やバルボウィルス感染症は腸全体がはげしい炎症を起こします。
・サルモネラ菌による食中毒
・バルボウィルス感染症
・イヌ伝染性肝炎
・コロナウィルス性腸炎
このような感染症にかかっている場合は、緊急の治療が必要です。
その他では、レプトスピラ症やジステンバーでも激しい下痢と嘔吐を引き起こします。

リンク: 犬の下痢|心配ないか病気か症状による判断

嘔吐の症状がない場合は整腸剤を

犬が嘔吐していないで下痢だけをしている時は、水分がどんどん奪われてしまいますので新鮮な水がいつでも飲める状態にしてください。
しかし餌は24時間抜いて胃腸を休ませることが必要です。

リンク: 犬の下痢と嘔吐の対処と考えられる病気 [2ページ目]

24時間餌を抜いて、翌日の便が調子いい、もしくは出ない状態であればいつもの餌の量の半分を与えます。この時に、整腸剤(ビオフェルミンなど)やプレーンヨーグルトを少量混ぜて与えてもいいでしょう。

リンク: 犬の下痢と嘔吐の対処と考えられる病気 [2ページ目]

愛犬の健康は腸内環境から!

愛犬の腸内環境を整える食習慣3つのポイント

生物の健康は腸がつくるといわれています。ほんの少しの心がけで腸内環境は良くも悪くも変化していきます。愛犬の腸内環境を整えるため、化学的な物の摂取を控えること、腸を労る食材を摂ること、心の状態をケアすること。この3つのポイントを意識してみてください。

出典: 犬にも腸内環境!?腸を労る食習慣、3つのポイント [犬] All About