猫が風邪をひく原因

ウイルスが主な原因。猫同士で感染しやすいので注意!

猫の風邪は、「ヘルペスウイルス」「カリシウイルス」「クラミジア」の3種類のウイルスが主な原因。人間の風邪と同様に鼻水などの分泌物から感染するので、多頭飼いの場合は集団感染に注意しましょう。

出典: 猫風邪の原因、症状、自然治癒、治し方まとめ。風邪薬や治療費は? - pepy

猫風邪の主な症状

ヘルペスウイルスによる猫風邪(猫ウイルス性鼻気管炎)の場合は、母猫からの移行抗体がなくなる2~3カ月齢前後の子猫に多く、鼻汁やくしゃみ、咳や発熱、食欲低下、角膜炎や結膜炎などが現れます。

リンク: 猫風邪(猫の上部気道感染症:猫カリシウイルス、猫鼻気管炎(ヘルペス)ウイルス、クラミジア・フェリス) | 猫の病気事典 | Petwell(ペットウェル)

カリシウイルスによる猫風邪(猫カリシウイルス感染症)の場合も移行抗体がなくなる2~3カ月齢前後の子猫に多く、鼻汁やくしゃみ、発熱、食欲不振のほか、口のなかや舌に潰瘍ができるため、痛みからよだれが多くなったり、口臭がきつくなったりします。さらには軽度の肺炎や多発性の関節炎を起こすこともあります。

リンク: 猫風邪(猫の上部気道感染症:猫カリシウイルス、猫鼻気管炎(ヘルペス)ウイルス、クラミジア・フェリス) | 猫の病気事典 | Petwell(ペットウェル)

クラミジアという細菌による猫風邪の場合は、結膜炎のほか、くしゃみや咳、鼻汁といった症状も現れます。

リンク: 猫風邪(猫の上部気道感染症:猫カリシウイルス、猫鼻気管炎(ヘルペス)ウイルス、クラミジア・フェリス) | 猫の病気事典 | Petwell(ペットウェル)

風邪をひいたらどうしたらいい?

症状が軽ければ自然治癒するケースも

猫の風邪は、症状が軽ければ3、4日で自然治癒するケースもあります。ただし、生後1歳未満の幼い猫などは、風邪が原因で亡くなってしまうこともありますので、40度以上の熱が出て何日も食べなくなるなど症状が重い場合は、病院に連れて行ったほうが安心です。

出典: 猫の風邪、症状と原因!自然治癒はするの? - 捨て猫がグルメ黒猫になったブログ!

子猫や老猫は早めに病院へ

免疫力が弱い子猫や老猫は、すぐに重症化する恐れがあるので、自然治癒は望まず早めに病院に連れて行きましょう。病院で原因のウイルスが特定されれば、それに合った薬が処方されます。目やにや鼻水がひどいときには、点眼薬や点鼻薬が処方されることも。治療を始めれば、通常は約2週間ほどで回復します。

出典: 猫風邪の原因、症状、自然治癒、治し方まとめ。風邪薬や治療費は? - pepy

市販薬は与えないで!

市販の風邪薬にはアセトアミノフェンという成分が含まれいるそうで、
末梢血管を収縮させ、チアノーゼをおこしたりするそうです。

猫にはとても危険な薬。死亡することもあるそうです。

やはり動物病院に連れて行ってあげましょう。

リンク: 猫風邪の対処法。治療はどうする?鼻水や目やにの処置は? | 見つけた

獣医にかかるかどうかの見極めは?

子猫や老猫は免疫力が低いため、すぐに重症化してしまいます。自然治癒を望むと重症化してしまう恐れもありますので、早めに病院で投薬治療を行い、家では保温や保湿をしてあげましょう。

リンク: 猫風邪の原因、症状、自然治癒、治し方まとめ。風邪薬や治療費は? - pepy