【実例】DIYでもずいぶんオシャレにできる

リフォームよりいくら安くなる?

トイレの内装リフォームを業者に頼むと、壁と床の費用は合計で約35,000円。DIYなら約1万円~でできますので、25,000円のコストダウンになります。

リンク: DIYならいくら安い?ローコストリフォーム費用比較 [住宅リフォーム] All About

6畳の部屋の壁紙張替えをリフォーム業者に頼むと、費用は約37,000円です。DIYなら、生ノリ付き壁紙セット6畳用で約8,940円(税込)、塗装で約14,000円。

リンク: DIYならいくら安い?ローコストリフォーム費用比較 [住宅リフォーム] All About

DIYならいくら安い?ローコストリフォーム費用比較

DIYなら安い費用でリフォームができるのはもちろん、自分で手を掛けた分だけ我が家に愛着もわきます。初心者でもローコストにチャレンジしやすいDIYの実例と、業者に頼んだ場合との差額をご紹介します。

出典: DIYならいくら安い?ローコストリフォーム費用比較 [住宅リフォーム] All About

プロから聞き出す職人技-木工編

木工に限らず塗装や内装工事でも、プロの職人さんたちが口をそろえて言うのが、下準備で8割が決まる!と言うもの。例えば作業がスムーズに進められるように作業環境を整えたり、材料を見極めたり、水平や寸法を出して下処理をする作業などがあります。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-木工編 [住宅リフォーム] All About

プロの職人さんたちは現場ではいつも安全管理や作業環境にとても気を配っているのですが、DIYerの場合は、自宅ということもあり危険性が実感しにくいことも多いようです。特に大工さんから見た時に、「これは危ない!」と思うのが丸のこの使い方です。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-木工編 [住宅リフォーム] All About

大工さんから聞き出した!仕上がりをランクアップさせる木工のコツ

職人さんが口を揃えていうのは、「下準備が重要」ということ。では、大工さんはどんな準備を心がけているのか?現場を見せてもらいながら、お聞きしてきました。

出典: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-木工編 [住宅リフォーム] All About

プロから聞き出す職人技-塗装編

塗装工事はよく女性のお化粧に例えられます。とにかく下地作りをていねいに、仕上げはもう本当に最後です。例えば、板を塗るならささくれなどの凸凹をサンドペーパーなどで丁寧に整え、釘やビスの穴ははパテで埋めて、固まったらまた研磨して平滑にします。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-塗装編 [住宅リフォーム] All About

リフォームの現場では、工事をする順番も大切。例えば壁紙張りは塗装工事が終わった後に行います。と言うのも、塗装の前に壁紙を貼ってしまうと、枠を塗るのにペンキがはみ出さないように塗る必要があり、それには大変な手間が掛かるからです。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-塗装編 [住宅リフォーム] All About

塗装屋さんから聞き出した!仕上がりをランクアップさせる塗装のコツ

塗装の時に気になるのが、ホコリやパテの粉。ここでもやはり重要なのが、丁寧ににそれらを払い落とす「下準備」です。手間の省き方も含めて、現場で行われている方法を教えてもらいました。

出典: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-塗装編 [住宅リフォーム] All About

プロから聞き出す職人技-壁紙編

いくらていねいに壁紙を張っても、下地が悪ければ仕上がりは汚いものに。プロから聞き出す職人技の「木工編」や「塗装編」でもそうだったように、壁紙リフォームでも下地が命です。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-壁紙編 [住宅リフォーム] All About

DIYリフォームは楽しむことも大切ですね。例えば道具類。最初から全てを買い揃えるのではなく、身近な道具を使ってキレイに仕上げることも可能です。

リンク: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-壁紙編 [住宅リフォーム] All About

内装屋さんから聞き出した!仕上がりをランクアップさせる壁紙張り替えのコツ

壁紙のリフォームは比較的手軽にできるので、人気もあります。ただ、こだわりを持って「美しくみせる」には、ひと手間の作業が必要。そのコツを、内装屋さんに教えてもらいました。

出典: DIYリフォーム!プロから聞き出す職人技-壁紙編 [住宅リフォーム] All About