大人だけじゃない! いま子どものうつが増えている

「こころの風邪」ともいえる軽症から、時には自殺に至るケースもあるという、うつ病。これは長い間、すっかり精神的に成長した大人特有の心の病気だと考えられてきましたが、実は子どもにもうつ病がある、と専門家達は警鐘を鳴らしています。

リンク: 大人だけではない? 増加する子どものうつ [子育て事情] All About

児童期のうつ病有病率は0.5~2.5%、思春期・青年期は2.0~8.0%にものぼるとか。実際に、2001年に熊本県で行われた調査によれば、中学生の3割に抑うつ感があり、これを有病率に計ると6%となることが分かりました。これらの数字は、小学校の1クラスに約1人、中学では1クラスに1~4人の割合で、うつ病を抱えた子どもがいることを示しています。

リンク: 大人だけではない? 増加する子どものうつ [子育て事情] All About

子どもの「うつ」を見分ける方法

子どものうつを見分けるサインはこの7つ

コミュニケーション能力がまだ未熟で、心の状態を人にうまく伝えることができない子どもたち。それゆえに大人が子どものうつのサイン気づくことは困難。代表的な以7つのサインを覚えておきましょう。

出典: 子どもの「うつ」の見分け方 [ストレス] All About

大人に隠す子どもの深刻な悩みを察知する方法

子どもは深刻な悩みであればあるほど、親に隠そうとする心理が働くことがあります。どんなことでも親子で率直に悩みを話し合うにはどうしたらいいのでしょうか?

出典: 子どもの深刻な悩みを察知する方法 [子供のしつけ] All About

「うつ」にならない心を育てるコツ

うつのリスクを減らす2つの対策

うつのリスクを少しでも減らすために親ができることはなんでしょうか?身近にできる子どものうつ予防策を2つご紹介します。

出典: 子どものうつ:そのリスクを減らす2つの対策 [子育て] All About

遺伝と環境が半々! 「プラス思考」を育てる方法

最新心理学で分かってきたのは、プラス思考の子を育てるカギは、親子の会話にあり、ということ。当たり前すぎて、見過ごされがちな親子の会話を、「プラス思考育児」というポイントからご紹介します。

出典: プラス思考の子育て:ママだから伝えていきたいこと [子育て] All About

子供の心の筋肉「レジリエンス」を鍛える

「レジリエンス」とは「心の筋肉」にも例えられ、鍛えれば鍛えるほど、困難に負けない子になると言われています。アメリカ心理学会が推奨している子ども向けの「レジリエンス強化の10のコツ」をご紹介します。

出典: 子供の心の筋肉「レジリエンス」を鍛える10のコツ [子育て] All About

傷ついた子どもを癒す「こころの安全基地」になろう

「こころの安全基地」とは何でしょう? それは、不安や恐怖にさらされたときに、逃げ帰れる場。安心して休み、傷を回復できる場。荒波に備えて、心のエネルギーを補給できる場です。

出典: 「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ [ストレス] All About

意欲と自信があふれる子に!自己肯定感の育み方

意欲を持って生き、興味をどんどん広げ、色々なことにチャレンジし、失敗も成長の糧にする。人とのつながりも大切にし、対等な人間関係を育む。そんな自己肯定感の高い子に育つために親ができることとは?

出典: 子供の未来が変わる!自己肯定感を育もう [子育て] All About