「勉強しなさい」

自ら進んで勉強する子は、「勉強しなさい」と言われる前にすでに勉強している…

子どものやる気をなくさせる最強の言葉は、「勉強しなさい」です。どうしたら子どもが自ら進んで勉強をする子に育つのでしょうか?キーワードは「行動科学」と「ほめる」です。

出典: ほめることで子どもを伸ばす親がやっていること [高校受験] All About

「●●はやったの?」

「やったのかどうか」ではなく、「●●をやる子ども」への興味を形にする質問に

「宿題はやったの?」「手は洗ったの?」「歯は磨いたの?」。親子の会話でたくさんの質問があります。質問してはみたものの、結局は親がイライラするだけ……ということはありませんか?

出典: 子どものやる気を引き出す質問力 [子供のしつけ] All About

「しっかりやりなさい」「負けるな」「頑張れ」

子どもを追い立て、親の期待を押し付けるのはNG

親の期待を押し付け、それに一生懸命こたえようとする「いい子」。実は「いい子」でいることに疲れて無気力になったり、生きる自信を無くす場合もあり、危険なんです。

出典: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

「あなたのためを思って」

実は自分の主観を押しつけているだけ!子どもに響かない

子どもに小言を言うとき、「あなたのためを思って言っているのよ!」と言っていませんか? 親は「決めゼリフ」だと思っていたりするのですが、意外と子どもの心に届かない言葉なんです。

出典: 「あなたのためを思って」は、子どもに響かない [子育て] All About

「一番になったらカッコいいよ」

外的要因だけではやる気は長続きしない!必要なのは2つのモチベーション

たとえば勉強の場合、「クラスで一番になったらカッコいい」という外発的動機だけではなく、「知らないことを覚えるのって楽しい!」といった内発的動機づけも同時に高まらないと、モチベーションが続きません。

出典: 「やる気スイッチ」を入れる2種類のモチベーション [ストレス] All About

「どうして●●しないの!」

人は誰でも説得されると、抵抗を感じるもの

子どもに「○○しなさい!」「どうして○○しないの!」といくら説得しても、効き目がない。そんなときには「報酬制度」を上手に活用してみませんか?

出典: 「説得」より「報酬」で子どものやる気を伸ばす方法 [ストレス] All About

「あなたは頭がいいから」

「才能ほめ」よりも、「努力ほめ」が、子どもにいい影響を与える

子ども達に、「一生懸命頑張るっていいな」という感覚を身につけてもらうためには、「能力は努力次第で変わるものだ」と思えるような声掛けが大切です。

出典: 3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気 [子育て] All About

「だからいったでしょう…」

失敗したときこそポジティブな声かけを! 子どものやる気を引き出す7つの声かけ法とは?

子どもといっても性格も様々ですし、育った家庭環境も違うので100%うまくいくとは限りませんが、基本的な声かけのルール、7つの声かけ法については知っておきたいですね。

出典: 子どものやる気を引き出す7つの声かけ法 [中学受験] All About