UV対策は「塗る」でけでなく「着る」時代!

もはや日焼け止め要らず!? 着るだけでUV対策

ユニクロではUVカット機能に優れたアイテムが多く揃うから、どんなシーンにも幅広く対応。あなたもユニクロのアイテムで”着るUVケア”、始めませんか?

出典: UNIQLO STYLING BOOK|コーディネート特集

参考にしたい! 「UPF」って何?

UPFは、UltraViolet Protection Factor(紫外線保護指数)の略称で、UVカットの世界的基準値です。
紫外線(UV)の人体影響度(=肌に紅班が現れる)基準評価で、数値が大きいほど紫外線の影響を防ぎます。

リンク: SPF、UPFとはどんなもの?

分かりやすくいうと、夏の太陽光の下で、皮膚が赤くなりはじめる時間を約50倍以上遅らせてくれるということです。衣類の紫外線カット数値「UPF」を参考に、UVウエアをセレクトしましょう。

UPF40~50+  : UVカット率95%以上(Excellent)
UPF25~39  : UVカット率90%以上 (Very Good)
UPF15~24  : UVカット率85%以上 (Good)

リンク: SPF、UPFとはどんなもの?

つまり、UPF50表示の衣類を着用した場合、何も肌につけていない状態で15分間で日焼けする日差しを、15分×50(UPF値)=約750分間(12時間30分間)まで浴び続けないと同様に日焼けしないことを示しています。

流行の涼しげサマーニットでUVカット

UPF25 UVカットノースリーブセーター

首の詰まった襟ぐりが特徴のノースリーブニット。そのまま着るのもトレンドですが、シャツをインナーに着たり、上にカーデを羽織るなど、レイヤードのバリエーション楽しめるデザイン。ガウチョパンツやフレアスカートなど、ボリュームのあるボトムと合わせるのが今年らしくて◎。

出典: ユニクロ WOMEN UVカットノースリーブセーター - UNIQLO ユニクロ

UPF25 UVカットクルーネックカーディガン(長袖)

ベーシックに使える長袖カーディガン。半そでにサッと羽織るだけで、UVケアも楽々対応。UVカットノースリーブセーターと合わせればツインニット風になり、きちんと感もあるのでオフィス用にもおすすめ。

出典: ユニクロ WOMEN UVカットクルーネックカーディガン(長袖) - UNIQLO ユニクロ

UPF25 UVカットVネックカーディガン(長袖)

前開きで着てもすっきりと着こなせる、Vネックなのでトップスの邪魔をせず、スタイリングしやすいデザイン。

出典: ユニクロ WOMEN UVカットVネックカーディガン(長袖) - UNIQLO ユニクロ

パーカにジャケット……シーンや温度に合わせてセレクト

UPF40 ライトポケッタブルパーカ

適度な光沢がスタイリッシュなポケッタブルパーカ。撥水性もあるのでスポーツにも最適!カラー展開も豊富だからお気に入りのカラーが必ず見つかるはず。

出典: ユニクロ WOMEN ライトポケッタブルパーカ - UNIQLO ユニクロ

UPF40 UVカットフルジップパーカ(長袖)

「紫外線を90%カット」で注目を集める、UVカットフルジップパーカ。薄手の綿素材でサラッとした着心地なのでこれからの時期にぴったり。袖先のホールに親指を通せば手の甲までカバーするので車の運転時などにもうれしいデザイン。

出典: ユニクロ WOMEN UVカットフルジップパーカ(長袖) - UNIQLO ユニクロ

UPF40 UVカットカーディガンジャケット

通勤に役立つジャケットも、UVカット対応! 柔らかいジャージー素材でカーディガンのような着心地なので、炎天下で接客するお仕事などでも心強いデザイン。きちんと感はありますが、フォーマルになりすぎないのでオン・オフ兼用もできそう。

出典: ユニクロ WOMEN UVカットカーディガンジャケット - UNIQLO ユニクロ

ちょっとしたお出かけや汗をかきやすいレジャーにもおすすめ!

理想は数時間おきにUVカットを塗り直す事ですが、おそらく全身完璧に塗り直すのは、至難の技。

最近は、羽織るだけで90%以上の紫外線をカットする衣類が多く登場し、手軽にUVカットをする事ができます。ウエアで着ていれば、頭上からだけでなく、アスファルトからの照り返しにも対応できます。

「ちょっとそこまでランチ」「洗濯物を干す間」など、さっと羽織って普段使いもできますし、ウォーキングやレジャー時に日焼け止めが汗で流れてしまう心配もありません。

出典: 2/3 正しいリンパウォーキングで夏老けをブロック [ウォーキング] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項