「白髪染めをすると白髪が増える」は本当?

これは「ウソ」。白髪染めが原因で白髪が増える、ということはないと思います。ただ、白髪染めはヘアカラーの一種で、髪の内部にまで染料成分を浸透させるもの。髪にダメージを与えてしまうことがあります。ダメージヘアになって髪にツヤがなくなると、白髪が目立ってしまうため、「白髪が増えた」ように感じることはあるかもしれません。

リンク: 2/2 抜くと増える?女性の白髪にまつわるウソ・ホント [女性の白髪染め] All About

女性の白髪にまつわるウソ・ホント

年齢を重ねるにつれて、気になってくる白髪。この白髪については、さまざまな通説やウワサがあります。これらを鵜呑みにしてしまうと、悪影響を与える場合が。今回は、白髪にまつわるウソ・ホントを探っていきます。

出典: 2/2 抜くと増える?女性の白髪にまつわるウソ・ホント [女性の白髪染め] All About

白髪染めはしない方がいい?白髪染めの基本を知ろう

ヘアカラーは、髪への負担を考えると、しない方が良いでしょう。しかし、女性にとっては、おしゃれを楽しんだり、白髪を染めたりすることも、心を豊かにする方法だと思います。髪にダメージがかかるヘアカラーは、月に1回、できれば2ヶ月以上間隔をおいてから行うのがおすすめです。

リンク: カラー・パーマが髪に与えるダメージとは? [女性の白髪染め] All About

カラーリングのメカニズムと、カラーリングの種類

髪のおしゃれを演出する、カラーリングやパーマ。「髪にダメージを与える」と聞きますが、なぜなのでしょう。カラーリングとパーマのメカニズムを知って、ダメージにつながる理由を髪の内側から考えてみましょう。髪への影響を考慮しながら、自分の髪に合う方法を見つけてください。

出典: カラー・パーマが髪に与えるダメージとは? [女性の白髪染め] All About

「白髪染め」とヘアカラーって同じもの?

白髪が気になる30代から40代の女性は、「白髪染め」に抵抗があるようで、一般的なヘアカラーをしている方が多いのではないでしょうか。今回は白髪染めとその使い方についてご紹介します。

出典: 「白髪染め」とヘアカラーって同じもの? [女性の白髪染め] All About

上手な白髪染めとの付き合い方

あなたに似合う「ヘアカラー」を探そう!

カラーリングは白髪を隠すだけでなく、あなたのイメージを変える手段でもあります。「何となく」選んでいた髪の色を「パーソナルカラー」にチェンジすれば、あなたをより美しく魅せてくれること、間違いなし。

出典: あなたに似合う「ヘアカラー」を探そう! [女性の白髪染め] All About

カラーリングのダメージを出来るだけ抑える方法

ブリーチやヘアカラー(永久染毛剤)は髪と頭皮への負担が大きいので、ダメージを最低限に抑えるためにも出来るだけヘアサロンでプロに行ってもらうことをお勧めします。またカラーリングした日は出来る限り頭皮や髪に刺激を与えないようにしてください。

出典: 2/2 カラーリングは薄毛や抜け毛の原因になる? [ヘアケア] All About

部分染めとフルカラーを組み合わせる方法もアリ!

根元が伸びてきたら市販のホームカラーで部分染めしています。使いたい量だけ使えるタイプのものなら無駄なく手軽に染められるので、入浴前にチョイ染めしているんですよ。自分で上手にやるコツは、白髪にたっぷりのせるようにつけること。

出典: 白髪が気になってカラーリングを止められない [山本浩未のきれいのソース] All About

白髪が気になる方にもオススメなグラデーションカラー

白髪のお悩みで多いのがしっかり染めると黒くなりすぎてしまう。明るく染めようとすると白髪がキラキラ光ってみえるのが気になる。しっかり染めたいけど自然な明るさを保てるカラースタイルの提案です。

出典: 白髪が気になる方にもオススメなグラデーションカラー [ヘアカラー] All About

お悩み別!若々しく見える髪色の選び方

髪のお悩みは人それぞれ。もともとの髪質のお悩みもあれば、年齢を重ねるごとにでてくる髪質の変化も。白髪のお悩みにもオススメな髪色&ヘアカラーの提案です。

出典: お悩み別!若々しく見える髪色の選び方 [ヘアカラー] All About