赤ちゃん誕生で第一にケアしたい上の子の気持ち

赤ちゃんを迎えた上の子の揺れる気持ちをキャッチしてあげよう

上の子が幼児であれ小学生であれ、赤ちゃんを迎えたことで家族間のバランスが色々な面で変わり、自分の役割が大きく変化しつつあることを敏感に感じています。この時期を乗り越え、新しい家族の形が安定する秘訣は?

出典: 【年代別】赤ちゃんを迎えた上の子の揺れる気持ち [乳児育児] All About

こっちを向いて!上の子の「赤ちゃん返り」どうすれば?

赤ちゃんが誕生しても、上の子はすぐにお兄(お姉)ちゃんになれるわけではなく、まだまだママの愛情を独占したいもの。その心の叫びの対応を間違えると「お兄ちゃんなんかになりたくない!」ということになりかねません。どう応えてあげれば?

出典: 「赤ちゃん返り」とは何でしょう? [乳児育児] All About

寂しさを我慢する「甘え下手」な上の子のケア

赤ちゃん返りを起こし自己主張するタイプとは反対に、不安や寂しさを我慢し続ける反抗的なひねくれタイプとして、自分の気持ちを表現する場合があります。そんな子には不安な気持ちをほぐすことから始めましょう。

出典: 「甘え下手」な上の子の複雑な胸の内 [子供のしつけ] All About

上の子に新しいポジションを与えてあげることも大事

赤ちゃん返りは自分のポジションを失ってしまったフラストレーションの表れでもあるもの。下の子の子育てに上手に巻き込み、自信をつけさせてあげましょう。

出典: 悶々!上の子がかわいく思えない! [子育て事情] All About

きょうだい間の揉めごとや問題、親が上手に関わるコツ

喧嘩は親が成敗しない、それぞれの話を平等に聞いてあげよう

きょうだいは喧嘩をする方が自然で仲のいい証拠。大怪我に進展する心配がなければ、母親は干渉しない方がいいでしょう。親の関わり方のコツは?

出典: 悩みのタネの兄弟喧嘩に対する正しい親の対応は? [子供のしつけ] All About

仲を悪くする元凶「きょうだい同士の比較」は絶対NG

「親からの評価=自分の評価」になってしまいがちなのが子供。「お姉ちゃんに比べてあなたは…」などと言うと、その評価がそのまま「自分像」として受け止められてしまうので絶対にやめて!

出典: 「言ってはいけない」子供へのひと言とは? [子育て事情] All About

きょうだい間での言い争いはお互い納得させ譲り合わせよう

自分の主張を一部退け、相手も少し主張を引き互いに納得する一致点を見出す「折り合いをつける力」。社会に出て上手く人間関係を築いていく手段として必要なこの力を家族の中で育むには?

出典: 人間関係良好に!「折り合いをつけられる子」の育て方 [子育て] All About

叱られ役がいつも同じ場合、その子の短所をポジティブな見方へ

生まれた順、性差、相性などの違いで、きょうだい間に愛情差が出てしまう場合があります。きょうだいどちらかが可愛く、どちらかが好きになれなくて自分自身を責めて悩んでいるママへ、ちょっとしたコツをお伝えします。

出典: 兄弟・姉妹を同じように愛せない!悩むママへの処方箋 [子育て] All About

認め合えるきょうだい関係を育むために親ができること

人格形成まで影響を与える「きょうだいの葛藤」に気づいてあげよう

例えば、幼い頃から「しっかりキャラ」を期待されて育ってきた兄姉は、「お兄ちゃんはさすがね」と言われて優越感を感じる一方、幼いからとかわいがられ親を独占している弟妹に対しジェラシーも感じているもの。このように「親の愛」を巡って生まれる葛藤に大人になって息苦しくなっている人もいます。

出典: 「きょうだい」の葛藤が「私」の性格を決める訳 [ストレス] All About

親が個々の個性を尊重することで、きょうだい間の認め合える関係を育もう

子供たちにとって嬉しいのは、自分の持つ個性や自分自身を、認められること。自分自身の個性を認めてもらえていると感じられると、他のきょうだいのことも認められるようになっていくでしょう。認め合えるきょうだい関係を育むために、子供の時期に親がすべき関わり方は?

出典: 認め合える兄弟・姉妹関係を育むために親がすべき事 [子育て] All About