リフォームをするメリットとデメリット

リフォームをするメリット

年数が経ってしまっている家は、リフォームをするなら、新築にした方がいいのではないかと思いがち。ですが、ほとんどの場合腐食している部分をリフォームをすることで、新築にするよりも安い値段で済むことが多いんです。当然建物の寿命も延びるので、住み慣れた場所での生活を続けながら、リフォームを検討するのもおすすめですよ。

出典: 建て替え?住み替え?その前にリフォーム検討のススメ [リフォーム費用] All About

リフォーム物件のデメリット

リフォームのよい点としては新築よりも安くすむ場合が多いことなどが挙げられますが、古い物件の場合、老朽化によりリフォーム費用が多くかかる可能性があったり、間取りを大きく変えることが難しいなどのデメリットがあります。そういったことをふまえた上でリフォームをするかどうか決めましょう。

出典: 新築と中古住宅リフォーム どっちが得!? [リフォーム費用] All About

リフォームの相場とは

目的別の予算相場のつかみ方

家のリフォームを決めて、大体の相場を知りたいと思ったら、自分の家のリフォームプランに似た事例を調べて予算相場の検討をつけることが多いと思います。ただそういった事例に出ている物と予算が大幅に違ってくる場合があるので、注意点やリフォームの種類などを知った上で参考にしましょう。

出典: リフォームの目的別 予算相場のつかみ方とその注意点 [リフォーム費用] All About

リフォームする際に知っておきたいこと

家をリフォームする際の業者の選び方その1

老朽化してきたり、耐震性が気になったりといろいろな理由からリフォームをすることが多いかと思います。その際、まず気になるのが料金やリフォーム業者をどこにするかということですよね。そんなリフォーム業者の選び方をご紹介しています。

出典: リフォーム業者の選び方-初級編/基本の流れ [住宅リフォーム] All About

家をリフォームする際の業者の選び方その2

ここでは、その1で選んだリフォーム業者と打ち合わせをしながら、どんなところを気をつけながら進めていけばいいかなどをご紹介。大事な料金のやりとりに関する注意すべき点、いいことばかりではなく、デメリットも言ってくれるかなど注意しながら打ち合わせをしていきましょう。

出典: リフォーム業者の選び方-中級編/提案力を見極める [住宅リフォーム] All About

家をリフォームする際の業者の選び方その3

リフォーム業者の打ち合わせをしていく中で、最後のポイントです。一番大事なのは、どんなリフォームをしたいかです。とにかく安い方がいいのかデザイン性を重視したいのか、など基準を決めて、その基準に合っている会社に見積もりを出してもらい、自分との相性などを見極めていくことが大切です。

出典: リフォーム業者の選び方-上級編/相性を見極める [住宅リフォーム] All About

リフォームをすることで補助金制度が利用できる

各地方自治体によっても内容は様々ですが、どこの自治体でもリフォームをする際に補助金を受けることができます。内容は耐震診断を受けた上で必要と判断された場合に得られる支援や、バリアフリーや省エネルギー化など様々です。リフォームを検討する際には、ぜひこういった補助金制度を利用できるか確認ましょう。

出典: 教えて!リフォームで補助金などがもらえる支援制度 [リフォーム費用] All About

リフォームをすることで住宅ローン減税を受けられる?!

住宅ローン減税は、リフォームで受けられるって知っていましたか?ただローン返済が10年以上、大規模なリフォームの場合という条件がつきます。ただこの条件に該当する場合でも、他の補助金を受けた方がいい場合などもあるので、リフォーム業者と相談してみてください。

出典: リフォームも住宅ローン減税の対象になる!? [リフォーム費用] All About