1. 他人を理解するのが面倒… コミュニケーションを諦めてしまう

あなたは大丈夫?人と向き合うのを怖れる人に共通する話し方のパターン

気がつけばいつも1人でいることが多くありませんか?自分のコミュニケーション・パターンが人付き合いを阻害する要因になっていることに、気づいていないことが多いのです。

出典: 孤立しがちな人のパターンとは? [ストレス] All About

2. 友達が離れていく… 無意識な「自慢話」をしてしまう

すぐに友達ができるのに長続きしない人が見直すべきポイント

なぜか友情が長続きしない…、そんな傾向に気づいたら、自分自身のコミュニケーション・パターンを振り返ってみて。他人に不快な印象を与えがちな「あるコミュニケーション」の型をお伝えします。

出典: 友だちづくりは上手なのに、キープできない人の問題点 [ストレス] All About

3. 相手の話を「でも」で切り返すクセがある

なるべく「でも」を使わない!質問調で切り返すのがコツ

何気ない会話で反感を買ってしまう人には、あるパターンがあります。ささいなやりとりで人間関係を壊してしまわないように気をつけたい会話のコツをお伝えします。

出典: 反感を買わない聞き方、話し方の2つのコツ [ストレス] All About

4. 本音を言ったら角が立つかも、と我慢してしまう

相手を傷つけず、場の雰囲気を壊さずに問題解決できる話法

本当は困っているんだけど、本音を言ったら角が立つかも……。そんな困ったときの会話のコツとして、誰でも実践しやすいコミュニケーション方法がありますよ。

出典: 本音を言っても角を立てずに問題解決できる話法 [ストレス] All About

5. 「人の輪」や「ムダ話」から逃げてしまいがち

相手の問いかけには「自分の言葉で」答える癖をつけよう

要件は話せるけど、人の輪に入ったり、ムダ話をするのは苦手……そんな内気でシャイな人が会話に慣れるためには、「応答」で会話力を磨くことが大事です。

出典: 内気でシャイな人は「応答」で会話力を磨こう [ストレス] All About

6. 付き合い始めるとつい「ベッタリ」になってしまう

長く、楽しく付き合うためには必須!精神的距離の保ち方

友だちやグループなどの身近な人間関係では、楽しさと煩わしさが表裏一体。ストレス源にもなりがちです。他人との適度な距離を保つための4つのヒントとは?

出典: 人づきあいに必要な、精神的距離の保ち方 [ストレス] All About

7. ついつい頑張って「立派な人」「いい人」を演じる

つい自分を大きく見せて疲れてしまう人へのアドバイス

新しい人間関係が始まるときには、多くの人が無意識のうちに自分を飾ってしまうのでは?しかし放っておくと心が消耗しストレスの原因に。どうすればラクになれるのでしょうか。

出典: つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント [ストレス] All About

8. 返答してもらえるか不安…「あいさつ」はしたりしなかったり

あいさつには実はスゴイ効果が!無視されるのを恐れないで

あいさつは自然に見えて、意外に気を使います。そのせいか、日頃から気疲れやストレスが多い人ほど面倒に感じるものですが、あいさつには大きな効果があるんです。

出典: あいさつで変われる人、ストレスを増やす人 [ストレス] All About