心配な嘔吐とそうでない嘔吐

吐いたものをチェック!

猫は、毛づくろいのときに飲み込んだ毛玉を出そうとして、よく吐きます。従って嘔吐自体にはあまり問題ありませんが、いつもと違うもの(血など)を吐いていないか、毎回確認するのがおすすめです。

出典: 2/3 自分でできる猫の健康診断 [猫] All About

こんなときは注意して

連続して2~3回嘔吐しただけなら、あまり心配しなくて大丈夫。しかし、吐いた後1時間以上経っても具合が悪そうにうずくまっていたり、嘔吐がおさまらなかったりするときは要観察です。

出典: 猫の心配なおう吐とは? [猫] All About

白い泡、黄色い液体を吐いたとき

白い泡は胃液、黄色い液体は胆汁

白い泡や黄色い液体は、逆流してきた胃液や胆汁。ほとんどは空腹が原因で起こったもので、特に心配はいりません。あまり食事の間隔が開きすぎないよう、小分けにフードを与えるなど工夫してみてください。

出典: 猫のからだセミナー 吐く編

胃酸過多や膵炎の場合も

胃液や胆汁を吐く場合、胃炎や胃酸過多症にかかっているケースもあります。胆汁の量が多い場合、何らかの原因で腸が狭まっていたり閉塞していたりする可能性や、膵炎、胆管炎が隠れていることも。空腹でもないのに何度も胃液を吐くときは病院へ。

出典: 秋山どうぶつ病院

血や茶色い液体を吐いたとき

「これ、もしかして血?」そんなときは要受診

吐いたものに明らかに血が混じっている、赤褐色や茶色い液体を吐いた――このようなときは病院へ。消化器系の病気、潰瘍、腫瘍など深刻な病気が考えられますので、しっかり診察してもらいましょう。

出典: 猫の嘔吐!胃液や血は病気?黄色は?吐く原因と症状まとめ - pepy

餌を吐いたとき

餌が体質に合っていない可能性あり

餌をよく吐く場合は、与えている餌が体質にあっていない場合があります。フードのメーカーを変えたり、粒の小さい餌にしてみたりするだけで吐かなくなることもあるようなので、いろいろ試してみてください!

出典: 病気じゃないのに!猫が餌を吐く5つの原因と対策

ただのせっかち?

あわててガツガツと早食いするくせのある猫もよく吐きます。食べてすぐ吐いた、ほとんど消化された様子が見られない、吐いたあともケロッとしていて元気…といったことが当てはまるならこのタイプとみて間違いありません。

出典: 猫が餌を食べて吐く!原因はなに?

異物を吐いたとき

誤飲したものが詰まる危険が!

猫はビニール片、ボタン、紐など、食べ物ではないものを誤飲してしまう場合があります。無事に吐ききれていればいいですが、まだ体内に異物が残っていたり、飲んだもので消化器を傷つけてしまう危険も。注意深く様子を見て、気になる場合は病院へ。

出典: 猫ちゃんが吐いてしまった: 猫の病気を自然治癒力を高めて治す!

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項