日本とハワイの時差はどのくらい?

夜が短くなる、日本とハワイとの時差

ハワイは日本よりも19時間遅れています。現地時間を計算するときは、「日本時間+5時間-1日」となり、夜間の移動では夜が5時間短くなるため、時差ぼけが起きやすいのです。

出典: 2/5 ハワイ旅行(基本情報・日本からのアクセス) [ハワイ] All About

そもそも時差ぼけはなぜ起こるの?

時差ぼけが起こる理由とは

時差ぼけは 睡眠医学で「 時差障害」と呼ばれています。体内時計と現地時間のずれによる 「外的脱同調」から、体温やホルモンの分泌が乱れや、睡眠のリズムが崩れる「内的脱同調」 が起こることが原因です。

出典: これでOK! かんたん時差ボケ解消法 [睡眠] All About

時差ぼけしやすいのはどんな人?

東向きのフライトで、時差ぼけが起こりやすいハワイ。特に、体内時計が規則正しい朝型の人、睡眠の質や心身の回復力が落ちた中高年の人、また、神経質で社交的ではない人は時差ぼけが起こりやすいとされています。

出典: こんな人は時差ボケしやすい [睡眠] All About

時差ぼけを軽くする旅のプラン

ホテルのチェックインまでの時間を短縮するフライトを選択

日本の出発が23時くらいの遅い便では機内での仮眠がとりやすく、現地着は11時くらいです。子どもづれや年配の方と一緒の旅では、ホテルのアーリーチェックインができるホテルやツアーを選びましょう。

出典: 3/3 ハワイ時差ぼけ解消術 [ハワイ] All About

ハワイでの時差ぼけを予防する方法

機内では現地時間に合わせて睡眠や食事をとるのが基本

機内では現地の時間に合わせて睡眠をとるのがポイント。アイマスクや耳栓を用意しておき、少量のアルコールを飲むと眠りやすいです。到着時間に合わせて食事が提供されますので、少しでも食事をとっておくと体内時計が合いやすくなります。

出典: 3/4 これでOK! かんたん時差ボケ解消法 [睡眠] All About

フライト時間によっては機内ではともかく寝るという方法も

ハワイへのフライトでは夜が5時間短くなるため、ともかく機内では寝て過ごして到着後に備えるという方法もあります。特に、日本を20時に発つ便で、ホノルルへ現地時間の朝7~8時頃着くときケースにおすすめです。

出典: ハワイ時差ぼけ解消術 [ハワイ] All About

初日は無理のないスケジュールで過ごす

ホテルへのチェックイン後は2~3時間仮眠をとる、子ども連れの場合はアラモンセンターでママがショッピングを楽しむ間パパはレンタカーで子供に仮眠をとらせる、といったように初日は無理なく過ごすことで翌日からアクティブに行動しやすくなります。

出典: 2/3 ハワイ時差ぼけ解消術 [ハワイ] All About