インテリアに馴染む! 置き型爪とぎ

ミュー(mju:) ガリガリサークル スクラッチャー

赤い色が綺麗な円形の爪とぎ。くつろぎスペースとしても活躍します。サイズは2種類あり、大きめの猫や多頭飼いの場合はビッグサイズがおすすめです。
大きさ:W37×D37×H14cm(ビッグサイズ W44×D44×H15.5cm)

出典: Amazon | ミュー (mju:) ガリガリサークル スクラッチャー | ペット用品通販

ミュー(mju:)ガリガリウォール スクラッチャー

壁面に置くタイプの爪とぎ。高さが70cmもあり、背伸びをしながら爪とぎができるので猫も大満足!更にプラスタイプは高さが90cmにもなります。ガリガリされて困っている壁のところに置けば、壁を守れます。
大きさ:W35×D32×H70cm(プラスタイプ W35×D32×H90cm)

出典: Amazon.co.jp: ミュー (mju:) ガリガリウォール スクラッチャー (H70cm): ペット用品

nekozuki(ねこずき)GarigariBOARD

グッドデザイン賞2012を受賞した、デザイン性の高い爪とぎ。優しい木のぬくもりが感じられます。木枠が外れるので、爪とぎ部分の交換が簡単にできるのもありがたいですね。
大きさ:W35×D48×H6cm

出典: 【楽天市場】爪とぎ 猫 GarigariBOARD がりがりボード 送料無料:猫用品の通販nekozuki(ねこずき)

ボンビアルコン(Bonbi)ファニーキャッツ ボール

珍しいボール型の爪とぎ! 猫じゃらしもついています。インテリアとして飾っていてもかわいいですね。【品切れの場合があります】
大きさ:W31×D31×H32cm

出典: Amazon | ボンビアルコン 猫用爪とぎ ファニーキャッツ ボール | ペット用品通販

nikka(日華)ルービックキューブタイプ ガリガリ 爪とぎマット
nikka(日華)ルービックキューブタイプ ガリガリ 爪とぎマット

組み合わせで形が色々と変えられる爪とぎマット。重ねて使ったり、並べて使ったり、お部屋に合わせて使えます。【ページ停止】
大きさ:マット1つ分 W25×D25×H5cm

出典: Amazon.co.jp: 4IN1 ルービックキューブタイプ ガリガリ 爪とぎ マット: ペット用品

スポーツペット(SPORTPET)バリバリベッド L

優しい色味のデザインがかわいい爪とぎ。柄は花柄と猫柄の2種類あり、どちらもかわいいです!凹にしても凸にしても使えます。
大きさ:W55×D28×H9cm

出典: Amazon.co.jp: スポーツペット (SPORTPET) バリバリ ベッド L花柄: ペット用品

目立つところに置きたくなる! タワー型爪とぎ

マルカン どこでもツメとぎタワーS 猫用

あまり場所を取らないコンパクトなタワー型爪とぎ。上部は麻紐、下部はカーペット地になっています。ネズミのおもちゃも付いているのでしっかり遊べます。
大きさ:W30×D30×H55cm

出典: Amazon | マルカン どこでもツメとぎタワーS 猫用 | ペット用品通販

PEPPY(ペピイ)キャットスクラッチポール

3本の支柱のうちの1本は径14cm。極太なので思いっきり爪とぎができます。支柱の上の台座に乗れば眺めがいいので、猫のお気に入りスペースになりそうです。
大きさ:W50×D40×H84cm

出典: 【楽天市場】PEPPY(ペピイ)キャットスクラッチポール【送料無料】【キャットタワー 猫タワー 据え置き 多頭 爪とぎ スクラッチ ポール ペットグッズ 麻 猫 猫用品 猫用】:PEPPY(ペピイ) 楽天市場店

山善(YAMAZEN)キャットフィールドスタンド

コンパクトながら、キャットタワーとしての機能が充実しているので上下運動もできちゃう優れもの。支柱にまかれた麻紐で爪とぎができます。【品切れの場合があります】
大きさ:W40×D45×H86cm

出典: Amazon | 山善(YAMAZEN) キャットフィールドスタンド YCT-80 | ペット用品通販

アイリスオーヤマ キャットランド ブラウン

スペースに余裕があるなら、こちらのキャットタワーがおすすめ。爪とぎ部分が取り外し可能なので、古くなったら別売り品の新しいものと交換できるので、長く使えます。また天井に突っ張ることができ、ぐらつきを防止できるので安心です。色はブラウンの他にホワイトもあります。
大きさ:W100×D44.5×H240cm

出典: Amazon.co.jp: アイリスオーヤマ キャットランド ブラウン CLD-240B: ペット用品

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項