家族を太らせ、不幸にするNG行動5つ

【1】どことなく「雰囲気の悪い家庭」を、そのまま放置している

肥満になる大きな原因のひとつは「ストレス」。険悪な夫婦、いがみあう親子など、家族関係の悪い雰囲気を放置していませんか?それを変えるために必要なこととは、どんなことでしょう? 家族問題の捉え方、変化への行動のポイントなどをお伝えします。

出典: 「雰囲気の悪い家庭」を変えるために必要なこと [ストレス] All About

【2】夜遅い時間の食事でもガッツリメニューを出す

コテコテの油モノやドスンとした丼・麺類など、平気で家族に食べさせていませんか? 夜遅くの食事は太りやすいと言われるのか、その理由を知り、遅い時間に夕食を食べても太らないコツをマスターしましょう。

出典: 夕食が遅くなっても太らないためのコツ [食事ダイエット] All About

【3】いつもお菓子や菓子パンをたっぷりストックしている

「なんとなく間食をしてしまう」習慣を止める一番の方法は、簡単に食べられる場所にお菓子類を置かないこと。お腹がすいているわけでもないのに、お菓子が目に入ったからちょっとつまんでしまう……という行動をストップできます。

出典: ダイエットの大敵!ストレスにはビタミンCを [食事ダイエット] All About

【4】「大皿に盛って取り分ける」スタイルで食事を出す

大皿盛りで取り分けるスタイルは、ついつい量を食べ過ぎたり、好きなものばかり食べて栄養が偏ったりする可能性があります。一人分ずつの盛り付けは、食べる目安量がわかり、食べすぎを防ぎ、好きなものだけを食べることを防ぎます。

出典: 4/4 意外に油系に偏りがち? おうちごはんの実態 [食と健康] All About

【5】家族に会話が少なく、早食いが習慣化している

家族との会話もなく黙々と食事をすると、自然と早食いになりがち。早食いで満腹まで食べる人は、そうでない人に比べて、肥満確率が3倍というデータがあるほど、早食いと肥満には明確な関連があるということが分かってきています。

出典: 食欲を抑えて痩せる方法 [食事ダイエット] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項