あなたの肌質は?肌に合うスキンケアを選びましょう

自分の肌質を見極める方法は?

洗顔後15分、何もせずにそのまま放置して自分の肌の状態を確認します。あくまで肌チェックをする時だけ。通常のスキンケアでは、洗顔したら出来るだけ早く保湿してくださいね。

出典: 5/26 今一度おさらい!肌のお悩み解消Q&A [スキンケア特集] All About

どんどん美肌になる「美人習慣スキンケア」

どんな肌質でもケアの仕方は基本的に同じ。ベーシックなスキンケアテクニックを身につけ、毎日コツコツと続けることが美肌への近道です。

【1】クレンジングは「適材適所」で、「こすらずなじませる」

クレンジングはメイクの濃さに合わせた剤を使うのが、基本中の基本です。考え方は台所の掃除をするときと一緒。ガラス食器とガスレンジ周りの洗剤は、もちろん違うものを選ぶでしょ?

出典: Q48. 正しいクレンジング方法を教えて下さい [山本浩未のきれいのソース] All About

【2】洗顔は「たっぷりの泡」を使い「手」で行う

スキンケアの基本中の基本である洗顔。毎日の洗顔が知らず知らずのうちに、肌に悪影響を与えることもあります。今回は、ガイドお薦めの洗顔法をご紹介します。自分の洗顔法を見直す機会にしていただけたらと思います。

出典: 2/2 ガイドの考える、正しい洗顔法 [スキンケア] All About

【3】洗顔後は「10秒以内」にスプレー化粧水をシュー

洗顔後の肌は、皮脂や天然の保湿成分も落ちているので水分が蒸発しやすい状態。すぐに水分を補給しないと、乾燥が進むと肌トラブルのもとになります。だから、洗顔後はとにかく速攻で化粧水をつけることが大切なんです。

出典: 洗顔後は10秒以内にスプレー化粧水をシュー [ビューティティップス] All About

【4】正しい化粧水を選び、「下から上へ」「内から外へ」

化粧水はその時の肌の状態に合ったものを選びましょう! 季節によって、さっぱりタイプ・しっとりタイプなどの使用感を重視することも大切なポイントです。化粧水は丁寧に時間をかけ、肌にたっぷりと浸透させることが大切。

出典: 化粧水の基礎知識 [基礎化粧品] All About

【5】乳液やクリームは「手のひらで温めて」から「ハンドプレス」

油分も水分と同じように、肌にとってはなくてはならないもの。ベタつきを嫌って乳液やクリームを塗らないのはNG。たっぷり水分を補給した後は、乳液やクリームでフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。

出典: 2/2 実は乾燥を加速させている「NGケア」にサヨナラ! [乾燥肌] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項