子どもは親に愛されたい、自分を認めてもらいたいと思い「いい子」を目指しているのですが、現実にはなかなか上手くはできません。親が望む「いい子」になれずに自分を否定的に「愛される資格のない子」と捉えるとストレスを抱えてしまいます。

リンク: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

こんなNG行動、心当たりはありませんか?

「命令」「指図」
早くしなさい、ノロノロしない!など日常生活の全てに対して管理統率して、子どもを怖がらせてでも言う事を聞かせようとします。

リンク: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

言うことを聞かない子を叱る場面でのNGポイントは?

子どもの叱り方は、場合によって取り返しのつかないことになるケースも。上手な叱り方、やってはいけない10か条でまとめました。

出典: 子供を叱るとき、やってはいけない10か条 [子供のしつけ] All About

子どもを「叩く」ことの影響は?

子どもを叱るとき、手をあげたことはありますか。叩くことの子どもへの影響、叩かない子育てについて考えてみましょう。

出典: 子供を叩くことの影響と叩かない子育て [子供のしつけ] All About

「禁止」
子どもの興味や行動しようとすることに、あれはダメ、これもダメ、触ってはダメ、騒いではダメと禁止します。子どもの好奇心は困ったことばかりと捉え、禁止するのが親の役目と思っています。

リンク: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

子どもの好奇心をつぶしてしまう「ダメ」もある

口を開いたら「ダメ」とばかり言っている自分が嫌と感じるママも少なくありません。しかし本来、命を守る以外「ダメ」を使わない方がいいんだそうです。

出典: 子供の命を守る「ダメ」、好奇心を潰す「ダメ」 [子育て] All About

子どもが「いい子」や「悪い子」を演じるようになったら危険

常に親や家族の顔色をうかがい、大人が喜ぶように行動してしまう「いい子症候群」。そうした子どもが大人になったとき…いったいどんな危険があるのでしょうか。

出典: いい子、悪い子を演じ続けた子どもが大人になったとき [ストレス] All About

「容認できない」
無邪気な子どもらしさを受け入れられずに、早くから大人のようにさせたいと、監視の目を光らせます。

リンク: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

「存在を否定」されて育つと将来、問題を起こす大人になる

成長してからの問題の多くは、幼少期に自己肯定感が育まれたかどうかに起因しているとも言われます。そんな子どもの未来に影響のある自己肯定感についてお伝えします。

出典: 子供の未来が変わる!自己肯定感を育もう [子育て] All About

「いい子」ほど思春期以降に問題を起こしやすい

幼いころに「いい子」で通っていた子供ほど、不登校、ひきこもり、非行、過度の反抗、キレやすくなるなどの問題行動を起こしやすいことを多くの専門家が指摘しています。

出典: 「いい子」ほど思春期以降に問題を起こしやすい [男の子育て] All About

「努力の強要」
しっかりやりなさい!負けるな、頑張れ!と子どもを追い立てるなど、親の期待を押し付けます。親の願望や世間体を気にする事が前面に出ています。

リンク: 「いい子」の抱えるストレスとは? [子供のしつけ] All About

子どものやる気を伸ばすのは「説得」ではなく「報酬」

子どもに「○○しなさい!」「どうして○○しないの!」といくら説得しても、効き目がない。そんなときには「報酬制度」を上手に活用して、自発的に学習や生活管理ができるように導いてみませんか?

出典: 「説得」より「報酬」で子どものやる気を伸ばす方法 [ストレス] All About

「東大合格する子の親は勉強しろと言わない」!?

「子供に勉強をさせたければ、『勉強しなさい』と言ってはいけません」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。では「勉強をしなさい」と言わなければ、子供は本当に勉強をするのでしょうか?

出典: 「東大合格する子の親は勉強しろと言わない」は本当? [子供の教育] All About