ブリザードフラワーを作るための手順

ブリザーブドフラワーの作り方その①

ここではまず花を容器に入れ、脱色液に浸けていく過程をご説明していきます。脱色液は主にアルコールで、6時間以上浸けておくと、茎などすべてが白く色が抜けていきます。

出典: 【プリザの手順1】脱水・脱色 [プリザーブドフラワー] All About

ブリザーブドフラワー作り方その②

次に色が抜けた花に色を着色していく作業を行います。着色液は混ぜたりしながら、好きな色を作ることもでき、この作業をすることで、花が長持ちする効果も含まれています。おおよそ12時間以上を目安に色が花全体に着色されればOKです。

出典: 【プリザの手順2】着色・保存 [プリザーブドフラワー] All About

ブリザーブドフラワー作り方その③

いよいよ最後の工程です。ここでは、着色した花を洗い、乾燥させます。ここが大事なポイントで、この乾燥の時にきちんと形を整えておくことがきれいなブリザードフラワーを作るコツです。

出典: 【プリザの手順3】洗浄・乾燥 [プリザーブドフラワー] All About

ブリザーブドフラワーを作るにあたり知っておきたいこと

ブリザーブドフラワーってどんな花?

ブリザーブドフラワーは加工することによって、長期に渡り美しい状態を保ったまま楽しむことができる花のことです。その加工の際に使われるのは化粧品レベルの保湿成分に近いものなので安心です。プレゼントや部屋のインテリアとしても楽しめます。

出典: プリザーブドフラワーの魅力 [プリザーブドフラワー] All About

ブリザーブドフラワーにするにはどんな花がいいの?

ブリザーブドフラワーを作る際、どんな花でもいいわけではなく、加工に向いている花や不向きな花があるんです。また新鮮なお花を選ぶことも大切。そんな大事なポイントを解説しています。

出典: プリザーブドフラワーに向いている花 [プリザーブドフラワー] All About

ぜひ添えたいのは「葉っぱ」

葉っぱは、ブリザーブドフラワーを作る上で欠かせない、大事な植物の一つです。アレンジをする際、つる状の葉や細長い葉などを添えることで、メインのお花が一層引き立ちます。

出典: プリザーブドに欠かせない「葉もの」 [プリザーブドフラワー] All About

お花が生き生きしていない際にすること

素敵なブリザーブドフラワーを作るためには、やはり元気なお花を使うことが大切です。もしそういった花が手に入らなかった場合の対処法をご紹介いたします。

出典: 花材を元気にする水揚げ・湯揚げ [プリザーブドフラワー] All About

通販で買えるお値段控えめなブリザーブドフラワー

種類いろいろなブリザーブドフラワー/花由

お誕生日や母の日などのプレゼントに喜ばれるブリザーブドフラワーが、なんと3000円以下で購入できるんです。この金額だったら送るのにもちょうどお手頃な値段ですよね。デザインの種類もたくさんあるので、好きなものを選べます。

出典: 【楽天市場】あす楽対応 プリザーブドフラワー ギフト 送料無料 選べる20種 パレット 誕生日プレゼント 女性 花 結婚祝い 還暦祝い 結婚記念日 退職祝い ホワイトデー お返し 母 父 男性 誕生日 ブリザードフラワ− プリザードフラワー プリザーブドフラワー:フラワーマーケット花由

まるでケーキ?遊び心いっぱいのブリザーブドフラワー/ブロッサム

ケーキのように箱に入れて届けてくれる、遊び心いっぱいのかわいいブリザーブドフラワー。こちらは2500円以下という低価格で買えちゃうんです。その値段の安さには驚いてしまいますよね。色も6種類から選べてどれもとってもかわいいんです。ご友人へのプレゼントにぜひいかがですか?

出典: 【楽天市場】商品一覧 > プリザーブドフラワー > フラワーケーキ > Sweets Sweets Heart(フラワーケーキ/ハート):プリザーブドフラワー ブロッサム