同じ状態にあっても、ストレスを大きく感じる人もいれば、小さく感じる人もいます。それには、もともとの性格や感受性の違いもさることながら、「心の健康度」の違いも大きく影響しています。

リンク: ストレスを大きくする人、小さくする人の差 [ストレス] All About

ストレス・マインドが強くなると、素直で冷静な自分を失い、小さなことにもイライラしたり、自信をなくしたり、自分を追い込んだりしてしまいます。そのため、雪だるま式にストレスを増やしてしまうのです。

リンク: ストレスを大きくする人、小さくする人の差 [ストレス] All About

「私なんて」「どうせ」など、自己評価が低い

「俺は結局、○○大くらいしか入れなかった男だ……」という思いや、「○○卒じゃ、とても出世できない」などといった思いこみを抱え、今一歩うまく自分に自信を持てない人がいます。勝ち取ってきたいくつもの栄冠(就職、資格取得)の価値より、「受験」というたった一つの失敗の禍根の方が何倍も大きく見え、もうすでに手にしている数々の成功が豆つぶのように小さく思えてしまうのです。

リンク: マイナスをプラスに変える「リフレーミング」の力! [ストレス] All About

「ダメな自分」という考え方を180度変える方法

気がつけばダメなところにだけ注目して、可能性を狭めていませんか? 「ダメな自分」と思い込んでしまうのはどうして? 自分の可能性を引き出し、エンパワメントするためのヒントをお伝えします。

出典: 「ストレングス」に着目すればダメな人はいなくなる! [ストレス] All About

嫌なことがあると、すぐに他人への不満を感じる

自分自身への欲求不満を持っていると、苛立ちや憂うつ感が湧いてくるものですが、それを無意識のうちに、「夫が○○してくれないから」「家族が○○してくれないから」と、身近にいる親密な相手のせいにしてしまうことがあります。他人のせいにしておけば、自分自身が持つ問題に直面して、傷つくのを防ぐことができるからです。

リンク: 「くれない族」にならないための大切な心がけ [ストレス] All About

「くれない族」にならないための大切な心がけ

「○○してくれない」という言葉が、口ぐせの「くれない族」。一昔前に流行った言葉ですが、今や世代を超えてたくさんの「くれない族」が見られます。そんな「くれない族」にならないため、卒業するために、必要な心がけとは?

出典: 「くれない族」にならないための大切な心がけ [ストレス] All About

ネガティブワードが多い

口をつく言葉が「ふざけんな」「うぜーよ」「めんどくせー」といった言葉なら、それだけでは終わりません。その「毒気たっぷりな言葉」が呼び水となって、頭の中には攻撃的、否定的、嘲笑的な言葉があふれ、止められなくなってしまいます。

リンク: 「言葉づかい」を変えるだけでストレスが消える魔法 [ストレス] All About

「言葉づかい」を変えるだけでストレスが消える魔法

イライラしたときには乱暴な言葉を、疲れたときにはネガティブ・ワードを連発してしまうもの。しかし、そのせいでさらに苛立ちや失望が募り、嫌な気持ちから抜けられなくなってしまいます。「言葉づかい」を変えるだけで、感じ方はガラリと変わります。ストレスを増やす言葉づかい、減らす言葉づかいについて、考えてみましょう。

出典: 「言葉づかい」を変えるだけでストレスが消える魔法 [ストレス] All About

いつも「勝ち負け」の価値観に縛られている

この世は競争社会。だからこそ、この世を元気に泳いでいくためには、「私もあなたもOK」の視点を持つことが必要なのです。この立場に立てば、学業や仕事の競争を「ゲーム」という感覚で、何度でも挑戦することができますし、個性の違いを生かし、チームで戦うこともできます。また、苦手なことは個性の違いによるものなのだから、得意な人に率直に協力を依頼することもできます。

リンク: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

競争社会のストレスに立ち向かう「私もあなたもOK」の発想

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。実は、「私もあなたもOK」という発想なのです。この意外な発想が不要なストレスをなくし、結果的に競争社会での勝利をもたらすメカニズムについてお伝えします。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

「~しなくちゃ」「~ねばならない」の口ぐせが多い

このタイプは、いつもあせってせかせかと行動しているため、一見活動的に見られがちです。でも、気持ちばかりが空回りして、実は正常に行動できていなかったりします。そして「燃えつき症候群」のように、いずれ疲れがたまって、何にも手がつかない状態になることも少なくありません。

リンク: 「ねばならない」から脱する手法 [ストレス] All About

「ねばならない」から抜け出す5つの心得

こうした「ねばならない」発想から抜け出すには、どんなことに注意したらよいのでしょうか?「ねばならない」から脱するためのポイント5つを心にとどめながら、発想の転換をはかっていきましょう。

出典: 「ねばならない」から脱する手法 [ストレス] All About