ネイルリムーバーは大きく分けて2種類

アセトン配合とノンアセトンの違い

除光液にはアセトンという成分が入っているものと、入っていないもの(ノンアセトン)があります。アセトン配合のものはマニキュアをよく落としてくれますが、爪表面の油分をすべて拭い去るので爪や指先が乾燥しやすくなります。一方ノンアセトンタイプは爪に優しい反面、マニキュアを落とす力は弱くなります。

出典: 除光液のアセトンとノンアセトンの違いは? | Miss Beautiful

アセトンとは物質を溶かす性質が特徴の有機化合物

リンク: ネイルをするなら知っておきたい!アセトンとノンアセトンの違い! - Itnail

☆アセトンのメリット
・濃いカラーのマニキュアやジェルを除去しやすい
・落ちにくいラメ系のマニキュアやジェルを除去しやすい
・オフの時間が短縮できる

★デメリット
・アセトンは爪の油分を必要以上に奪う
・頻繁に使用していると爪が弱くなる
・匂いがキツイものがある

リンク: ネイルをするなら知っておきたい!アセトンとノンアセトンの違い! - Itnail

☆ノンアセトンのメリット
・アセトンに比べ匂いが少ないものが多い
・アセトンより爪に優しい

★ノンアセトンのデメリット
・アセトンに比べて濃いカラーのマニキュアやジェルネイルを除去しにくい
・オフの時間がかかる
・頻繁に使うと爪が痛む

リンク: ネイルをするなら知っておきたい!アセトンとノンアセトンの違い! - Itnail

ジェルネイルを落とすには?

ジェルネイルにはアセトン

ジェルネイルにはアセトン

ジェルネイルは、マニキュアを落とす除光液ではオフできません。そのため、薬局などで手に入るアセトンか、市販されているアセトン入りのジェル専用リムーバーが必要です。ただし、アセトンは爪へのダメージが強いため、取り扱いには十分注意しましょう。【ページ停止】

出典: 使用法に注意!ジェルネイルで使われる「アセトン」って何?|「マイナビウーマン」

おすすめのリムーバー

【アセトン配合】ラメもすっきり! 爪が白くならないマイルドタイプ

アセトン配合で、ラメや重ね塗りしたマニキュアも素早く落とすリムーバー。使ったあと、爪が白くなりにくいマイルド処方です。リーズナブルなので惜しみなく使えるのも嬉しい。

出典: Amazon.co.jp:KOSE ピュア マイルド エナメルリムーバー N 220mL:ドラッグストア

【ノンアセトン】爪に優しくにおいも少ない除光液

オーガニック&植物成分で作られた、爪に優しいノンアセトンタイプのリムーバーです。潤いを奪わないので、指先が乾燥しにくいのがポイントです。除光液特有のツンとしたにおいが苦手な人にもおすすめです。

出典: Amazon.co.jp:アンドネイル モイスチャースパリムーバーN 100mL:ドラッグストア

【ジェルネイルに】アセトン100%のリムーバー

アセトン100%使用の強力な除光液。ジェルネイルをはじめ、スカルプチャーや、強力接着剤で付けたネイルチップの取り外しにも使用できます。大容量で低価格なのも魅力!

出典: Amazon.co.jp:paアセトンリムーバー rem02:ドラッグストア

ネイルをすっきり落とすリムーバーの使い方

マニキュアを落とすときは除光液をたっぷりと!

マニキュアを落とすときは除光液をたっぷりと!

マニキュアを落とすときは、アセトン配合もノンアセトンも基本的な使い方は同じ。ポイントは、爪をできるだけ擦らなくていいように、コットンにたっぷりと除光液を染み込ませることです。コットンを爪の上に乗せたら、浸透するまで20秒くらい待つのもすっきり落とすコツの一つ。落ちにくい隅は、綿棒を利用しましょう。【ページ停止】

出典: 除光液の正しい使い方

ジェルネイルはコットンとアルミホイルでオフ

ジェルネイルの表面を粗めのファイルで削ったら、ジェルリムーバー(もしくはアセトン)を浸したコットンを爪に乗せ、アルミホイルで巻きつけます。15分ほど放置したら、ジェルが浮いてきた部分をプッシャーなどで押して落とします。スポンジバッバッファーで表面を整えたら終了です。

出典: ジェルネイルを自分でオフする方法 自宅で簡単にできるジェルネイルの落とし方 - Column Latte

除光液がない! 代用できるものは?

エタノールやトップコートで落とす方法も

エタノールやトップコートで落とす方法も

アルコール分の高いエタノールなどでもマニキュアなら落とせます。また、ベースコートやトップコートを塗って、乾く前にコットンなどで擦り取るという方法も。とはいえ、できるだけ専用の除光液で落としたほうが、爪にとっては安全なようです。【ページ停止】

出典: 除光液の代わりはアルコールやエタノールでいけるの?マニキュアの落とし方の裏技 | Ribbon

除光液の捨て方

除光液、マニュキアは、なるべく中身を使い切るようにしましょう。残ったもので液体状のものは、古布や新聞紙に染み込ませて、燃やすゴミとして出しましょう。匂いがきつい場合は、ビニール袋で密閉するなどしましょう。

リンク: 化粧品や除光液、マニュキアなどの捨て方は? | 人生は整理整頓