猫のケージ飼いは賛否両論

自由大好きな猫を長時間ケージ閉じ込めるということは彼らの人生の全ての楽しみを奪ってしまうことにもなりかねません。

リンク: 猫をケージ飼いにすることで得られるメリットとデメリット - 猫画像どっと 猫ブログ

キャットケージは、猫を買う人によっても賛否分かれる所です。狭いところに閉じ込めてかわいそうという理屈も理解出来ます。ですが、私個人過ごしてみて、人間の為にも、猫さんの為にもあったほうが良いと感じます。特に一人暮らしや、初めて猫を飼う人にとってはあった方がよいと思います。

リンク: 初めて猫を飼うならキャットケージはあった方がよいと感じたその理由 - 雨の音が好き

猫をケージ飼いするメリット

怪我を防いだり、子猫のトイレトレーニングにも

やんちゃで元気な猫の場合、飼い主が留守の間にどこかから落ちたり、物を壊したりして、怪我をする恐れがあります。そんなときにケージがあると、怪我をする心配がぐっと減るので飼い主は安心。また、ケージ内にトイレを設置しておけば、子猫がトイレを覚えやすくもなります。

出典: 猫をケージにいれて飼うことの、7つの意外なメリット - 猫画像どっと 猫ブログ

災害時に安全を確保できる

猫はとても臆病な生き物。だからこそ、地震などの災害時には、パニックになって家から逃げ出す可能性があります。逃げ出した猫を見つけるのは至難の業…。しかし、普段からケージに慣れていて、ケージを「落ち着ける場所」と認識していれば、咄嗟のときにもケージに逃げ込んでくれる可能性が高まり、安全を確保できます。

出典: 猫をケージ飼いにすることで得られるメリットとデメリット - 猫画像どっと 猫ブログ

必要に応じて使うのがポイント

子猫が新しい環境に慣れるまでの間や、飼い主の留守中に怪我をしないようになど、猫を守るためにもケージは役立ちます。ずっと入れっぱなしにするのではなく、必要に応じて使うのであれば、ケージは猫にとって安全な場所として機能してくれるようです。

出典: 初めて猫を飼うならキャットケージはあった方がよいと感じたその理由 - 雨の音が好き

ケージの選び方と快適に過ごすための工夫

ケージは必ず高さのあるタイプを!

猫は上下運動をしないとストレスが溜まります。ですから、ジャンプできるように高さのあるケージを選びましょう。3段くらいの高さがあれば、一番高いところから下を眺めているだけでも、幾分、ストレスが解消できます。

出典: これだけは守って!猫をケージ飼いするときの6つのルール | 猫になりたい~猫☆パラダイス~

移動スペースを圧迫しないで寝床が作れる【ハンモック】

移動スペースを圧迫しないで寝床が作れる【ハンモック】

ケージに、猫がくつろげるハンモックを吊るすのもおすすめ。ハンモックなら、ケージの縦の空間を有効活用できるので、猫の移動スペースを狭めずに寝床が作れます。また、トイレの砂が散らばる床に比べて、衛生的に寝られるのもポイントです。【ページ停止】

出典: 猫だってリラックスしたい! 猫用ハンモックがオススメ! | マイナビニュース

ケージは細い柵で出来ていますから、前脚などが挟まれると怪我につながります。ケージを選ぶ時には、ドアなどのつくりはしっかりしているか?

挟まりやすい隙間などの危険なところはないか? 購入する前によく確かめましょう。

リンク: 猫のケージ飼いで注意したい7つのポイント - 猫画像どっと 猫ブログ

ケージの中には必ず飲み水とトイレ、猫用のベッドと、オモチャなどを入れておくようにしましょう。

リンク: 猫のしつけ/慣れさせること

猫は人間にくらべ体温調節がうまくできないので、 室内の温度調節には常に気をつける必要があります。

夏や冬にはエアコンをつけて適度な室温を保っておく、また ペット用の防寒&暑さ対策グッズをケージの中に置いておくなどの工夫をして、少しでもねこちゃんの負担を減らすようにしてください。

リンク: 猫のケージ飼いで注意したい7つのポイント - 猫画像どっと 猫ブログ

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項