2級ってこんな試験

ネイルサロンで通用する技術と知識を求められる2級

ネイリスト技能検定試験2級では、ネイルサロンで通用するレベルの「ネイルケア」「リペア」「チップ&ラップ」「アート」の技術と知識が求められます。3級合格者のみが2級の受験資格を与えられ、試験では3級同様、事前審査・技能試験・筆記試験が行われます。

出典: 技能検定試験 概要

実技試験は前半35分、後半55分!当日のタイムスケジュール

試験は、10分間の事前審査終了後、実技試験から開始します。実技試験は、前半35分でネイルケアを、後半55分でチップ&ラップ、カラーリング、ネイルアートを行います。そして実技試験の審査後、35分間の筆記試験。3時間を超える長丁場の試験です。

出典: http://www.nail-kentei.or.jp/kentei/pdf/2016_winter.pdf

実技試験の具体的な内容

チップ&ラップが加わる2級の実技試験

2級実技試験の大まかな流れは、事前審査→ネイルケア→チップ&ラップ→カラーリング→ネイルアート。事前審査では、3級と同じ消毒管理に加えてチップ&ラップに使う道具の準備を、実技試験では、チップ&ラップを使った爪の補強技術もチェックされます。アートのベースカラーに赤以外のポリッシュを使うのも3級との違いです。

出典: JNECネイリスト検定2級の内容とは? | ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

2級は、課題が多くなるだけでなくサロンで通用するかどうかも基準になるので、仕上がりや手際、
各課題をこなす速さやテンポ感も審査の対象となります。

リンク: JNECネイリスト検定2級の内容とは? | ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

筆記試験の具体的な内容

筆記試験は、3級と同様マークシート方式ですが、出題数は80問に増え、時間も5分長くなります。
筆記試験に合格し、技能試験に不合格だった場合、次の検定のみ筆記試験が免除になります。

リンク: JNECネイリスト検定2級の内容とは? | ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

ネイリストは接客業なので、プロフェッショナリズムとして接客についても出題されます。
3級と同じ内容であっても、2級の場合はさらに詳しい知識が必要となります。

リンク: JNECネイリスト検定2級の内容とは? | ネイルスクールの口コミ評判・完全ガイド!!

合格のポイント!

テーブルセッティングではチップの衛生管理に注意

テーブルセッティングの3級との違いは、アート用のカラーポリッシュとチップ&ラップの材料が増えること。チップは、プラスティックケースなどに入れて衛生的に保管しましょう。あとは基本的に3級と同じですが、道具が増えた分、トレーの中が散らからないよう整理整頓を心がけて。

出典: 【ネイル検定2級】テーブルセッティングと注意点について! | HIMAWARINAIL

前半の時間配分はケアに時間をかけて

実技試験前半の時間配分の目安は、手指消毒・ポリッシュオフに5分、ファイリングに10分、ケアに20分です。ファイリングで重要なのは、10本の長さ・形のバランスが取れているかどうか。また、ケアでは、キューティクルニッパーとガーゼで、きちんとルーススキンを取り除きましょう。

出典: 【ネイル検定2級】前半の時間配分と手順を紹介! | HIMAWARINAIL

後半はまずチップ&ラップから

実技試験後半のおすすめ手順は、チップ&ラップ→アートの指にカラーリング→残りの指にカラーリング→アート→トップコートです。時間配分の目安は、手指消毒とチップラップに19分、カラーリングに25分、アートに8分、見直しに3分。自分の得意分野を見極め、苦手な行程に時間をかけられるよう配分を決めましょう。

出典: 【ネイル検定2級】後半の時間配分と手順を紹介! | HIMAWARINAIL