1.脳を成長させる「日常のコミュニケーション」

生後まもない赤ちゃんの脳は秘めたる可能性の宝庫!

生後間もない赤ちゃんの脳は非常に柔軟です。この時期の親の関わり方は、これからの脳の発育に大きな影響を与えます。誕生したての赤ちゃんの脳の発育を促す学習法をお伝えします。

出典: 秘めた可能性を引き出す!3ヵ月の赤ちゃんの学習法 [乳児育児] All About

将来伸びる能力の基礎を創る!1歳までの学習法

3ヵ月から1歳くらいまでの赤ちゃんの能力を普段の生活中で引き出していく具体的な方法をご紹介します。将来伸びる子供にするための学習法とは?

出典: 将来伸びる能力の基礎を創る!1歳までの学習法 [早期教育・幼児教育] All About

3歳まではゴールデンタイム!可能性をさらに広げる育て方

赤ちゃんから幼児に成長する3歳までの発達は著しく、とても貴重でかけがえのないゴールデンタイム。子どもの個性や人間性を伸ばす3つのポイントとは?

出典: 3歳までのゴールデンタイムでやりたいこと [早期教育・幼児教育] All About

2.赤ちゃんの「頭と体を育てる遊び」

運動能力や考える力を引き出す手遊び

赤ちゃんの発達において、手や指を使った手遊びは、好奇心を芽生えさせ、やる気を育てます。「楽しい」「できた」の気持ちを経験することで赤ちゃんの能力を引き出してあげましょう。

出典: 【発達段階別】 赤ちゃんの能力を育てる手遊び [乳児育児] All About

赤ちゃんを楽しく刺激する

赤ちゃんと絵本を楽しみたいけれどどんな絵本がおすすめ?と一番悩むのが0歳期。単純な言葉や情景が繰り返し出てくる、視覚的にも楽しめる絵本を通して、身近な人の声をたくさん届けてあげましょう。

出典: 0歳児におすすめ

3.頭をよくするための「食べ物や食事」

離乳食は赤ちゃんの脳の発達にどう影響する?

森永製菓と東大は、離乳食期の味覚や食感は脳にも伝わっているという実験結果を発表しました。このことから、私たちは離乳食期にどんなことを心がければよいでしょうか。

出典: 離乳食は脳の発達に影響するか [離乳食] All About

噛む力が子どもの脳を刺激する!赤ちゃんのモグモグを大切に

噛むことは脳や体に良いとは知っていながら、どうやって子どもに噛ませていいかわかりにくいですよね? 実は硬い食べ物を与えているだけでは噛めるようにはなりません。

出典: 噛む力をつけるには、「噛みやすい食事」を [離乳食] All About

「舌」は5歳までの食事で決まる!?

舌で感じた味を情報として処理するのが「脳」。幼児食までの間にどれだけ、素材そのものの味に触れてきたかが、その後の味覚形成に大きく影響すると言われています。

出典: 「舌」は5歳までの食事で決まる!? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

栄養素や成分別! 頭のよくなる食べ物リスト

頭の良くなる食べ物は、色々と紹介されていますが、栄養素や成分別に効果をまとめてみました。頭の良くなる食べ物を広い視点で捉えてみましょう。

出典: 頭のよくなる食べ物 [早期教育・幼児教育] All About

4.早いほうがいい?赤ちゃんへの「早期教育」

0歳児赤ちゃんへの英語教育は子守唄から

0歳から英語教育なんてとんでもない!と思っているのは間違いです。赤ちゃんの能力はすごい!言語をつかさどる脳の発育はすでに始まっています。0歳児の能力と英語教育法をご紹介します。

出典: 0歳~9ヶ月までの英語環境を整えよう 0歳児赤ちゃんへの英語教育 [子供の英語教育] All About

早期教育のメリット・デメリットは?

文字や数などを教える知育系や芸術系の教育など、早期教育に関しては賛否両論あります。メリット・デメリットそれぞれについて考えてみましょう。

出典: 早期教育のメリット・デメリット [早期教育・幼児教育] All About

5.睡眠不足はダメ!脳の発達に効果的な「睡眠方法」

日本の赤ちゃんは睡眠不足!?

赤ちゃんにとって睡眠は脳や身体の発育にも欠かせないもの。一方、生後4か月前後の日本の赤ちゃんで7時間以上の連続した睡眠を確保できているのはわずか2割という調査も。

出典: 赤ちゃん夜ぐっすり!の秘訣8か条 [男の子育て] All About