女子必見!海外旅行がより快適になるグッズ<第二弾>

第一弾の10選はこちら

ストールやワイヤーロックなど、前回の<第一弾>として紹介したお役立ちグッズはこちらからどうぞ。

出典: 海外女子一人旅に!あると便利なお役立ちグッズ10選|All About(オールアバウト)

たこ足電源

ホテルのコンセントの位置がいまいちだったり、そもそもコンセント自体が少なかったり。そんなときに役立つのがたこ足電源です。コンセントや変圧器を持っていく方は多いと思いますが、たこ足電源をひとつ持っていくと便利ですよ。ただ、変圧器を通さないと故障する可能性があります。日本と電圧の異なる国では、コンセントに直接差し込むのは避けてください。

出典: Amazon.co.jp: ELECOM 電源タップ 両サイド+下方向 3個口 ホワイト T-TR3WH: パソコン・周辺機器

洗濯ひも

長期滞在の場合、自分で洗濯しますよね。その際に重宝するのが洗濯ひも。備え付けのハンガーだけでは足りなかったり、ゲストハウスなどでハンガーがなかったり、干すスペースが限られているときにも使えます。

出典: Amazon.co.jp: オーエ マイランドリー2 洗濯ロープハンガーストップ 5m ブルー: ホーム&キッチン

コンディショナー

一般的なホテルでは、基本的にシャンプーや石鹸は常備されています。ただガイドの経験上、安めのホテルだとコンディショナーはなく、リンスインシャンプー的なものが多いと感じます。そのためガイドはコンディショナーだけは必ず持参するようにしています。

出典: Amazon.co.jp: ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャーミニ保湿シャンプー・コンディショナー ペアセット 40g+40g: ドラッグストア

ウィンドブレーカー

以前のお役立ちグッズ10選では、常夏の国に行く際にストールを持参することをオススメしていましたが、涼しい国に行く際はウィンドブレーカーが便利。場所を取らず小さく畳めるものを、スーツケースに忍ばせておきましょう。

出典: (ノースフェイス) THE NORTH FACE ANYTIME WIND HOODIE L フレンチブルー : 服&ファッション小物通販 | Amazon.co.jp

ビーサン

部屋にスリッパが常備されていることは高級ホテル以外まずないので、ビーチサンダルを持参しましょう。万が一シャワールームやトイレなどが清潔でない場合もビーチサンダルのまま使えます。

出典: Amazon.co.jp: [ハワイアナス] havaianas ハワイアナス SLIM 4000030 0555 NV(Navy/35/36(23-23.5cm)): シューズ&バッグ:通販

使い捨てカイロ

寒い国に行く際、防寒対策はバッチリしていきましょう。なかでも重宝するのは使い捨てカイロ。海外でも販売しているところもあるようですが、まだまだ日本ほど普及していないようです。

出典: Amazon.co.jp: オカモト 温楽 レギュラー 30個入: ドラッグストア

携帯用ウォシュレット

ガイドはまだ未経験なのですが、次回の海外旅行ではぜひ挑戦してみたいのがこの携帯用ウォシュレットです。これなしでは海外に行けない!というほどハマる人がいるとか。

出典: Amazon.co.jp: TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350: ホーム&キッチン

入浴剤

ホテル滞在が続くと心身ともに疲れが溜まります。そのため以前紹介した携帯用アロマディフューザーで癒されたり、お気に入りの入浴剤でリラックスしてみては。また現地で調達するのも、あらたな発見があっておもしろいかもしれません。

出典: Amazon.co.jp: 日本の名湯 源泉の愉しみ 30g 10包入り 入浴剤 (医薬部外品): ドラッグストア

日本食

旅行が長期になると恋しくなるのが日本食。ガイドは梅干しや昆布、おかきなど、日本ならではのおやつを持参するようにしています。できるだけ現地の食文化に触れながら、恋しくなったら梅干しを食べるという感じで。

出典: Amazon.co.jp: 村岡食品 梅しば徳用 280g: 食品・飲料・お酒 通販

マスク

飛行機や就寝時など、乾燥対策に役立つのがマスク。「海外では日本のように外でマスクをしている人なんていない」と思うかもしれませんが、大気汚染のひどい国や地域ではマスクが当たり前という場合もあるので、いくつか持参しておくと役立ちます。

出典: Amazon.co.jp: フィッティ 7DAYSマスク ふつうサイズ ホワイト 30枚入: ドラッグストア

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項