そもそも育児休暇とは何なのか?!

「育児」をするための「休暇」ですが、その権利を国が認めています。

「厚生労働省Webサイト」国が認める子どもを育てる権利

紹介のサイトは国家機関「厚生労働省」のWebサイトです。「パート社員」「派遣社員」「契約社員」といった非正規労働者に向けた「産休」「育児休暇」のパンフレットがPDFファイルで公開されています。

出典: 子育てをしながら働き続けたい パート社員 派遣社員 契約社員 あなたも取れる!産休&育休|厚生労働省

「育児休暇の分かりやすい解説」Q&Aでサクッと理解

市役所や病院といった公共機関でも育児休暇のパンフレットは配布されていますが「字ばっかりで読みづらい」という側面も。紹介のサイトはQ&A方式で解説していますので、長い文章が苦手な人でも期間や給付金についてサラッと学べます。

出典: 産休はいつから?いくらもらえる?産休・育休の基礎知識 - special|ニンプス特集 - 妊娠・出産・マタニティ情報サイト - ニンプス(ninps)

「最近のレイアウトで分かる」詳しいながら読みやすい育児休暇

どうしても「育児休暇」に関する記事は文章が多くなってしまうもの。しかし、紹介の記事は分かりやすく解説しています。近年のWebサイトらしいデザインで、苦を感じること無く読み進められ、期間や延長、給付金、休暇中の給与についても説明しています。

出典: 育児休業とは?期間、条件、給与は?保険料免除なの? - こそだてハック

育児休「暇」と育児休「業」の違いとは

「この二つは何が違うの?」育児休業と育児休暇

世間でよく言われている「育休」ですが、育休には「育児休業」を指す場合と「育児休暇」を指す場合があります。この2つの違い、前者は国の制度。後者は会社の制度指します。紹介の記事ではこの2つの違いを詳しく説明しています。

出典: 育児休業と育児休暇の違い [男の子育て] All About

育児休暇の「お金」について

「給付金制度を正しく知ろう」育児給付金って何

はっきり言って育児はお金がかかります。しかも育児に時間を取られて両親どちらかは仕事をできません。そんな家計を助けるための制度が「育児休業給付金」です。紹介の記事では給与の何%がどれくらいの期間貰えるかなどを詳しく解説しています。

出典: 育児を助ける!育児休業給付金 [出産・育児費用] All About

「給与はどうなるの?」育児休暇中は貰えません

未来を担う子どもを育てるために「やむを得ず」仕事ができないのだから「一部でも給与が欲しい」という気持ちは分かりますが、給与は支払われません。減収の対策として給付金制度があります。紹介の記事では「給与」と「給付金」について解説しています。

出典: 育児休業(休暇)中の給料はどうなる? [結婚のお金] All About

「給付金でいくら貰えるの」支払額計算ツール

定められている給付金の支給額は「給与の何%」と決められており、期間も約10ヶ月と決まっていますが、その間実際にいくら貰えるのか分からないのは不安ですよね。紹介のページでは出産予定日と現在の給与を入力することで支払額を試算できます。

出典: 【2015年最新版】産前産後休業・育児休業給付金|期間・金額計算ツール

パパも育児休暇を取れるの?

もちろんパパも育児休暇を取得できますし、それを理由に待遇が変わることは法律違反に当たります。

「家計に影響は?」男性の育児休暇

世の中の男性が育児休暇をあまり取れない(取らない)でいる理由は「家計」という面があります。紹介の記事では男性が育児休暇を取得した場合としなかった場合の収入を試算しています。結果的には、家計への影響は「4%程度」とのことです。

出典: 男性の育児休業は世帯収入にどれくらい影響があるのか、試算してみました。 | 社会保険労務士事務所 オフィスアールワン(東京都千代田区)

「2020年までに13%へ」政府が男性の育児休暇を推奨

2015年12月25日に政府が「男性の育児休暇(育児休業)の取得率を13%にする」と目標を発表しました。2015年のデータだと、男性の取得率は2%程度なので、10%以上の増加を狙っているようです。

出典: 男性育休、20年までに13%めざす 政府が男女共同参画計画を決定  :日本経済新聞