睡眠不足だと太るのはなぜ?

どうして睡眠時間が短いと、肥満になりやすいのでしょうか? それは、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからです。レプチンは脂肪細胞が分泌する、食欲を抑えてくれるホルモンです。一方、グレリンは胃で作られるホルモンで、食欲を増進する働きがあります。

リンク: 睡眠不足はダイエットの敵! 太らないための眠り方 [睡眠] All About

太らないためには睡眠の質を高めることが大切!

実は肥満と関係が深い睡眠の量と質。ダイエットだけでなく、メタボリック症候群の予防のためにも良い睡眠はとても大切です。

リンク: 睡眠不足はダイエットの敵! 太らないための眠り方 [睡眠] All About

鉄則1【睡眠時間】7時間前後を確保すること

睡眠時間が短いと肥満になりやすい理由とは

海外での研究によると、肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなることが分かっています。

出典: 睡眠不足はダイエットの敵! 太らないための眠り方 [睡眠] All About

鉄則2【コアタイム】0~6時には眠っていること

「痩ホルモン」をたくさん分泌する時間帯がキモ

睡眠は体や脳の疲れを取るだけでなく、眠っている間には「成長ホルモン」別名「痩せホルモン」といわれるホルモンが出ているのだそう。

出典: 2/3 ダイエット効率をアップする睡眠の方法! [定番ダイエット] All About

鉄則3【食事】布団に入る3~4時間前までに夕食を摂ること

消化に時間がかかる肉や揚げ物、炒め物は少量に

胃腸が働いている間は、十分に眠ることができません。布団に入る時刻の3~4時間前までに夕食を摂ることを心がけましょう。どんな食事が適しているかも解説をしています。

出典: 今日からできる! 快眠のための4つのコツ [睡眠] All About

鉄則4【運動】21時以降の激しい運動はしないこと

食後、就寝前は運動に向かない

適度に体を動かすことは睡眠への導入に欠かせませんが、運動に適した時間帯に注意が必要。効率のいい時間帯を知って効果的に運動しませんか?

出典: 運動するのに適した時間帯を知ろう [運動と健康] All About

鉄則5【体温】寝る前に体温上げておくこと

正しい入浴方法で自律神経バランスを整える

就寝前の入浴の最大の目的は、自律神経バランスを整え、一日の終わりに滞った血流をリカバーすることです。心と体を究極にリカバー、デトックスしてくれるお風呂の入り方とは、いったいどのようなものでしょうか?

出典: 自律神経バランスを整える入浴方法 [メンタルヘルス] All About

鉄則6【照明】寝る1時間前には「光」を切り替えること

ブルーライトの睡眠への影響と対策

パソコンやスマートフォンの画面からは、多くの青い光「ブルーライト」が出ています。毎日たくさんのブルーライトを浴びることは、睡眠の質を悪くする原因に。

出典: スマホは危険!? ブルーライトの睡眠への影響と対策 [不眠・睡眠障害] All About

鉄則7【お酒】ナイトキャップは控えめにすること

「寝酒」で不眠解消しようとする人が多数!でも…

国際睡眠疫学調査によると、不眠解消に寝酒を用いる人は10カ国中日本が一番多いことが明らかに。寝酒は本当に不眠解消になるのでしょうか。

出典: 日本人に多いナイトキャップ派 不眠解消、日本人は3割が寝酒 [ストレス] All About

鉄則8【リラックス】寝る直前、心と体を解きほぐすこと

就寝前に!深く眠れる呼吸法のポイント

『良質な睡眠』 を手に入れるための、就寝前のコツと呼吸法をご紹介。美肌やダイエット効果もあるというから必見です。

出典: 深く眠れる呼吸で美肌ダイエット!就寝前の4ポイント [ピラティス] All About

鉄則9【寝具】睡眠環境を整えること

これでグッスリ眠れる! 睡眠を重視した寝室の作り方

温度や湿度、照明だけでなく、家の中での寝室の位置や寝室内の寝具の配置に至るまで。ここでは、季節によって眠りやすい場所や、寝室の出入り口と寝具の位置関係などについて解説します。

出典: これでグッスリ眠れる! 睡眠を重視した寝室の作り方 [睡眠] All About

鉄則10【メラトニン】朝起きたら必ず朝日を浴びること

体内時計を整えスッキリ!すぐできるメラトニン快眠法

別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれている「メラトニン」。乱れたメラトニンの分泌リズムを整えて体内時計を正常化することで、睡眠の質が上がります。

出典: 体内時計を整えスッキリ!すぐできるメラトニン快眠法 [睡眠] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項