■家の中、家の周辺はこんな雪対策をしておこう

急な寒さで「結露」が発生!今すぐできる対策を

窓の外の雪を見ながら、大量発生した「結露」に悲鳴…!なんてことにならないよう、前の日から対策しておきましょう。窓や壁だけでなく、ベッドや床も結露することがありますので要注意です。

出典: 今すぐできる結露対策。カビ、ダニ、悪臭…原因撃退! [掃除] All About

正しい「雪かき」で効率アップ!道具とやり方を覚えよう

積もってしまった雪は、アイスバーンになる前に雪かきで処理をしておきましょう。安全に効率よく雪かきを行うための、必要な道具と手順をご紹介します!

出典: これだけで効率アップ!正しい雪かきのやり方 [オートキャンプ] All About

■雪道を滑らないように歩くための注意点

・冬仕様の靴、または冬用靴底を用意
コンビニやキヨスクでは、自分で貼れる冬用の靴底を売っています。
・マンホールには気をつけよう
意外に滑り&転びやすいのが、マンホールの上。フタに薄っすら雪が積もっていると最悪なので要注意。
・恐怖のブラックアイスバーン
交通量の多い横断歩道は一見、雪がないようにみえても、夜はツルツルの凍結路面に。非常に滑りやすいので、十分ご注意を。

リンク: 雪道の歩き方、クリスマスなど今月のおすすめ情報 12月のなまら北海道通信 [北海道の観光・旅行] All About

側溝のフタなども滑るので、足元には充分注意しましょう!

底がギザギザのブーツが安心◎

こちらは北海道で売られている冬用の靴。底がギザギザになっており、滑りくく加工がされています。このような靴なら雪道でも安心!

出典: 2/2 冬の北海道旅行は何を準備する? [北海道の観光・旅行] All About

アウトドアブランドのスノーブーツはオシャレ!

ゴツめでいかにも作業靴な印象のスノーブーツですが、アウトドアブランドなら、機能性が高い&見た目もオシャレなグッズが揃っています。これなら、普段のアウターとの相性も問題なし!

出典: 2/2 雨や雪の日も安心! エーグルの最強コーデ [レディースファッション] All About

■電車や飛行機が欠航のおそれあり。慌てず対処しよう

飛行機が欠航する可能性があるときは、事前に確認を!

ツアーの場合は旅行代理店、個人手配の場合は航空会社に、「いつ欠航やツアー中止が決まるのか?」など確認しておきましょう。場合によっては、手数料やキャンセル料なしで変更・払い戻しの手続きができます。ただし、LCCは既存のエアラインと異なる対応の場合があり要注意です。その他詳細については記事をチェック!

出典: 台風や大雪で飛行機が欠航!慌てないためのポイント [旅の準備・お得・便利] All About

電車(特急列車)が運休や遅延になったら? JRはこうしよう

まず、運行情報は常にチェックしておき、それでも運休・遅延になってしまった場合は冷静に対処しましょう。JRは切符の種類によって払い戻しの窓口や方法が異なったり、乗る前/乗った後でも対処が異なるため少々複雑です。記事では、様々なケース別に対処法をご紹介しています!

出典: 特急列車が運休・遅延! こんな時どうする?(JR編) [旅の準備・お得・便利] All About

■車をお持ちの方は、こんな対策を!

「雪が降ったらワイパーを立てる」これ基本!

とりあえず、雪が降ると分かった前の日に、ワイパーは立てておきましょう。雪の重みで壊れたり、フロントガラスに張り付いたりすることを防げます。その他、「寒さでバッテリーがあがった」「サイドブレーキが凍りついた」などのトラブル対処法をご紹介しています。

出典: ちょっとした心構えで余裕は大違い 冬トラブルの対処法 [カーメンテナンス] All About

車で外出予定なら、チェーンかスタッドレスタイヤは必須!

雪道を走る機会が少ない都会の人は、チェーンを持って必要なときに装着するスタイルがオススメ。いざというとき正しく装着できるよう、事前に練習しておくと良いですよ。

出典: 雪道なんか怖くない! [ドライブ] All About

■万が一のとき、保険にどこまで頼れる?

大雪で家に被害! その時火災保険はおりる?

雪害に見舞われた際、火災保険に入っていれば基本的に保証される可能性が高いです。ただし、「損害額が一定金額以上」でないと免責となり、自己負担が発生する場合も。万が一のときは、契約内容を良く確認しましょう。

出典: 大雪でマイホームに被害! 火災保険はおりる? [損害保険] All About

雪道でスリップ! 保険でカバーできるのはどこまで?

単独で標識やガードレールに衝突し破損してしまった場合、数十万から最高で1000万円もの被害額になることも。損害賠償の金額が保険金額を超えてしまうと、示談交渉を代行してもらえなくなりますので、対物賠償保険の保険金額は特に理由がなければ「無制限」が良いでしょう。

出典: 雪道でスリップ!保険でカバーはどこまで? [自動車保険] All About