快適な住まいのために「窓」は重要

住まいの断熱の基本は、1.断熱材を厚くする 2.開口部を断熱する 3.気密工事をする の3つです。これらの施工を行えば、冬暖かく、夏涼しい生活を営むことができます。

リンク: 窓-断熱と遮熱の関係 [窓・サッシ・玄関ドア] All About

まず窓のことをしっかり考えておけば、空調は少ないエネルギーで効率よくコストを抑えることができるのです。また新築時にガラスをエコガラスにしたいと思っても、どうしても予算の関係でつけられないということもあるでしょう。そういう場合には、既存のサッシに後付という方法で取り付けることもできます。

リンク: 3/3 窓-断熱と遮熱の関係 [窓・サッシ・玄関ドア] All About

市販の物を上手に活用しよう!

寒い地方で窓に使う断熱・結露対策グッズのひとつに、先日テレビでも省エネになると紹介されていた窓に貼る「プチプチ」があります。プチプチは断熱ボードと似たような効果がありますが、窓全面に貼るため外の景色が見えなくなります。透明窓には断熱ボード、不透明なすりガラスにはプチプチと、使い分けるとよいと思います。

リンク: 「窓断熱ボード」と「水滴ワイパー」を使ってみました [住まいのプロが提案「イエコト」] All About

窓からの冷気を防ぐ、7つの強力な助っ人たち

窓ガラス断熱シート【プチプチタイプ】

窓に貼るシート状の断熱材です。透明または半透明の気泡シートのものが多く販売されています。窓に霧吹きをして張り付けるだけと使い方も簡単な上、価格もお手頃なため、取り入れやすい断熱方法の一つと言えます。

出典: カインズ how to | 水貼り断熱シートの貼り方

窓ガラス断熱シート【透明タイプ】

窓に貼るだけで二重ガラス構造が作れる透明フィルム。暖房効果を高めてくれるだけでなく、「シリカゲル」を用いて内側の結露の発生も抑えてくれる効果も。透明度が高く今までは取り付けできなかった窓にも対応可能なのが魅力です。

出典: 自分で出来る!DIYガラスフィルムの施工・貼り方|ガラスフィルムの激安通販【松装】

冷気をブロックしてくれる吸着マット

簡単に窓に貼れ、貼りなおしやすく、切るときも普通のハサミで切れる手軽なマットです。窓に"ぴたっ"と貼るだけで外からの冷気をブロック。結露で流れてきた水滴をこのマットが吸収するので、床やカーテンが濡れてカビが生えるのを防止してくれる効果も。

出典: Amazon.co.jp: ワタナベ工業 省エネシート 冷気をブロック窓ぴたシート 30X30cm 3枚入 ベージュ KPM-301: ホーム&キッチン

置き場所を選ばない断熱ボード

発泡ポリエチレンでできたボードです。窓際や床に直に置くことで部屋の低い位置に入ってくる冷気を遮断してくれます。使わない時は畳んでしまえば場所もとらず、狭い家でも使えるのが嬉しいところです。

出典: 冷気ストップあったかボード(ベージュ/ブラウン)(ユーザーU...|ユーザーライフ【ポンパレモール】

断熱カーテンライナー

窓ガラスとレースカーテンの間に取り付けることで、外部の冷たい空気から守ってくれるのが断熱カーテンの魅力。さらに窓枠よりカーテンを少し長めにすることで、窓枠の下からの冷たい空気を防ぐことも可能です。

出典: 【楽天市場】◇断熱カーテンライナー採光タイプ(ホワイト) 100cmX225cmX2枚入り【487020】 ■:インテリアの明和グラビア

窓用省エネスプレー

窓ガラスにスプレーしコーティングすることで、暖まった部屋の暖気を逃さず、結露対策にも効果を発揮。暑い季節には、室内の温度の上昇を抑える効果が期待できるハイブリッドなアイテムです。



出典: 窓用断熱省エネスプレー・結露防止にも/寒い暑いその時

冷気の浸入をシャットアウトする、すきまテープ

昔からすきま風を防ぐアイテムとして活躍してきた「すきまテープ」。窓まわりだけでなく、ちょっとしたドアのすきまからの冷気の浸入も防いでくれます。

出典: 株式会社ニトムズ | SPECIAL 徳用すきまテープシリーズ

注意!「熱割れ」に気を付けよう

自分の家の窓にフィットする物を選ぶ

窓ガラスにはいろいろなタイプがあり、凹凸のある窓やワイヤーの入った窓(ワイヤーガラス、網入りガラス)には使用不可の物もあるので、どれが自分の部屋の窓に適合するのか確認しましょう。

出典: 株式会社ニトムズ|Q&A(よくあるご質問):省エネ