すぐに使える!英語のフレーズ

タクシーの運転手に行き先を告げる時の「Can you take me~?」

空港へ着いて、いざ市内へ!というときにはタクシーを使うことが多いですよね。そこで行き先をきちんと伝えられますか?「○○プリーズ」を使いがちですが、一歩レベルアップして「Can you take me~?」と使ってみましょう。記事では詳しい使用例を紹介しています。あわせて、タクシーで使えるフレーズをぜひ覚えましょう。

出典: タクシーに乗って英語で行き先を告げるには? [トラベル英会話] All About

バスを使いこなす英会話のコツ!行き先を聞くなら「Does this bus go to~?」

ホテルに着いてひと息ついたあとはいよいよ観光。さまざまな国で最も発達している交通手段といえばバスですが、行き先を尋ねたり、降りるバス停を確認するときのひと言は頭に入っていますか? 行き先を聞くときは「Does this bus go to~?」を使います。詳しい文例を確認しておきましょう。

出典: バスに乗るための英語 [トラベル英会話] All About

重要なのは意思伝達!「~したいんです」=「I'd like to~」をマスターせよ

日本語のように「○○はありますか?」と尋ねるより、英語では「○○が食べたいんです」と先に意思を伝えたほうが理解してもらいやすいです。しかし“I want to~”では少しぶっきらぼうな印象です。そんな時は「I'd like to~」を使いましょう。ホテルでの会話を例にお教えします。

出典: お役立ち英会話フレーズ「~したいんです」 [トラベル英会話] All About

ファストフードでテイクアウトするときのスピード会話

海外旅行でも、時短や食費節約で効果的に利用したいファストフード。その国ならではのチェーン店にもトライしてみたいですね。そのときに使える"To go, please."(テイクアウトでお願いします)など、最低限のフレーズをご紹介します。覚えておけばオーダーで緊張しなくて済みますよ。

出典: 緊張するファーストフードのテイクアウトもこれで安心 [トラベル英会話] All About

間違えやすい!英語の基本

基本中のキホン!YesとNoの正しい使い方を思い出そう

「はい」とうなずくつもりで“Yes”と言ったらうまく伝わらなかったという話、よく聞きますよね。「ええ=Yes」ではない使いかたがあると習ったのを覚えていますか?ここでもう一度おさらいしておきましょう。

出典: Yesが「いいえ」でNoが「はい」?! [トラベル英会話] All About

sorryとExcuse meの使い分けを覚えておこう

「すみません」の代わりに“sorry”を多用しがちですが、この言葉、ときに失礼に当たったり、意味が異なる場合があることを知っていましたか?使う頻度が高いと思われるのは、実は“excuse me”のほう。違いを詳しくお教えします。

出典: Sorry かExcuse meか?それが問題だ [トラベル英会話] All About