そもそもどんなお産が「安産」?

赤ちゃんの大きさ・産道の状態・娩出力がかみ合うと、母子の負担が少ない傾向

赤ちゃんの大きさ・産道の柔らかさ・娩出力の3条件がうまくかみ合った時は、母子にかかる負担が少なくなる傾向にあります。想像していたより「楽だったor辛かった」も安産の重要なポイント。

出典: 2/2 男が学ぶ出産 「安産」って、なに? [男の子育て] All About

実のところ、安産の基準はない!?安産かどうかを決めるのは自分自身

安産には答えはありません。あっという間に生まれること? 痛みが少ないこと? 自然分娩すること? 安産の価値観は妊婦の数だけあります。大切なのは、リラックスした心と体で赤ちゃんを迎えることです。

出典: 安産とは [出産準備] All About

「安産だった」と実感するためにできること

体調が安定しているなら、ウォーキングがおすすめ

お腹が大きくなってからの適度なウォーキングは全身の筋肉に程よい刺激を与えます。産後の体力回復にも役立ちます。ただし、くれぐれも無理は禁物です。

出典: 安産体操・エクササイズ [出産準備] All About

逆子と診断されたら…「猫の体位」をコツコツ続けるとイイらしい

「逆子」と診断されると、「分娩に時間がかかるかも」と、不安になりますよね。ヨガのポーズの1つである「猫の体位」「猫の伸びの体位」は、妊婦さんにとっては、お腹が逆さになる部分が逆子直しのポーズとして有名です。陣痛のきつい時を乗り切るにもおすすめのポーズです。

出典: ヨガポーズ「猫の体位」 [妊娠の基礎知識] All About

雑巾がけで、分娩時に必要な骨盤底筋力を鍛える!

雑巾がけの「しゃがむ」という行為によって、骨盤底筋が鍛えられます。この骨盤底筋を上手にコントロールすることで、分娩がスムーズに進みやすくなります。部屋もキレイになって一石二鳥です。

出典: 2/2 花粉症シーズンに妊娠。その乗り切り方 [出産準備] All About

腰痛持ちの妊婦も安心!マタニティアクアビクスで効率よく脂肪燃焼

マタニティアクアビクスは、水中で行う運動。水の浮力でお腹の重さからしばしの間、解放されます。妊娠中は、食事や生活の制限が多く、ストレスがたまりやすいものですが、体を動かすことでリフレッシュや体重管理といった効果が望めます。

出典: 先輩ママがすすめる、やってよかったマタニティ習い事 [妊娠の基礎知識] All About

上手な体重管理でお産のリスクを減らす

妊娠中の太り過ぎは、高血圧を引き起こしたり、動くのが億劫になり筋力が弱ったりと、様々なデメリットがあります。しかし、無理に体重を落とそうとすると母体にも胎児にも悪影響を及ぼします。野菜はたっぷり、お肉は脂肪の少ないものを選ぶといった、地道な心がけが大切です。

出典: 妊娠中の正しいダイエットで安産を目指そう! [食事ダイエット] All About

出産時に大切な部分が裂けるのを防ぐためにマッサージを

分娩時、赤ちゃんが出てくるときに「会陰」が裂けてしまうことがあります。すると、産後もかなりの痛みを引きずることに……。妊娠後期からオイルで「会陰マッサージ」をしておくと、会陰の裂傷をある程度防ぐことができます。大切な部分だけに安心・安全なものを選んで、ケアしたいものです。

出典: 後期になったらぜひ!会陰マッサージに使えるオイル [マタニティグッズ] All About