けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

自分や相手を丸ごと否定 『レッテル貼り思考』が危険

子どもに伝わりやすい13のマイナス思考を1つずつクローズアップ。「当てはまるかも」と思ったら、子ども達に伝わる前に、ポジティブ化しましょう。

出典: 子どもにマネしてほしくないマイナス思考 その3 [子育て] All About

とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる

夫婦喧嘩が子どもの心に与える影響とは?

「喧嘩するほど仲がいい」とまで言われる夫婦喧嘩ですが、子育て中はどうなのでしょうか? 夫婦喧嘩が子どもの心に与える影響について考えます。

出典: 夫婦喧嘩、子供の前でどうしてる? [子育て] All About

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

親からすすんで「マイナス思考」をやめる

子どもたちはママのさりげないひと言から「発想の仕方」を学んでいきます。悪いお手本はまねして欲しくないですよね。

出典: 子どもにマネしてほしくないマイナス思考13 [子育て] All About

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

子どもの自尊心を育てる親の気配りとは

上手に叱ることができれば、子どもも素直に反省したり、同じ過ちを繰り返さないように気をつけるように。自尊心を踏みにじらない叱り方・気配りが大切です。

出典: 子どもの自尊心を育てる親の気配りとは [子供のしつけ] All About

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

子どもを叱るとき、やってはいけない10か条

子どもの叱り方は、場合によって取り返しのつかないことになるケースもあります。上手な叱り方、やってはいけない10か条でまとめました。

出典: 子供を叱るとき、やってはいけない10か条 [子供のしつけ] All About

励ましてあげれば、子どもは、自信をもつようになる

「自分を肯定する気持ち」はこう育つ

自己肯定感という言葉を聞いたことありますか? 成長してからの問題の多くは、幼少期に自己肯定感が育まれたかどうかに起因しているとも言われます。

出典: 子供の未来が変わる!自己肯定感を育もう [子育て] All About

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気

子どものやる気は小さい頃のほめ方にコツがあったのです。アメリカの大学が見出した研究データとともに、おすすめのほめ方をご紹介します。

出典: 3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気 [子育て] All About

愛してあげれば、子どもは、人を愛する事を学ぶ

一生に影響を与える!ママの「愛情」の正しい与え方

愛されてきた自信は、絶対の自己肯定感を育んでくれます。この自信は、人生を生き抜くうえで、大きな助けになるのです。

出典: 一生に影響を与える? 男の子にとってママの「愛情」が必要な訳 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

子どもの個性を伸ばすのに必要なたった1つのこと

親は子どもに何かを“教える”ということを重視しますよね。逆に、“育つ力を待つ”という発想はないかもしれないというのです。

出典: ママ、知っておいて! 子どもの個性を伸ばすのに必要なたった1つのこと | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直である事の大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

ヒントはSQ!お互いを尊重できる子に育てるには

わが子には、誰からも愛される性格の良い子に育ってほしい、そんな願いを親は誰しも持っているもの。そのために欠かせない育て方のポイントをご紹介!

出典: ヒントはSQ!性格の良い子の育て方 [子育て] All About

やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

相手を思いやる「共感力」を育むヒント

周りの人々の気持ちを思いやる共感力は、コミュニケーションの要。共感力は、働きかけによって高めていくことができるとされています。

出典: コミュ力の要!相手を思いやる「共感力」を育むヒント [子育て] All About

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

「機能不全家族」で育った子どもの6つの役割

常に親や家族の顔色をうかがい、大人が喜ぶように行動してしまう「いい子症候群」。そうした子どもが大人になったとき、どんな気持ちを抱えるのでしょうか?

出典: いい子、悪い子を演じ続けた子どもが大人になったとき [ストレス] All About