10代のニキビの基礎知識を知る

ニキビの原因は毛穴の詰まり

白いニキビ、黒ずんだニキビ、赤いニキビ、黄色いニキビなど、状態によって色は違いますが、初期のニキビは、毛穴に皮脂が詰まった状態になることが原因です。
思春期は、皮脂を作る働きが活発になるため、ニキビができやすくなります。

出典: ニキビ・吹き出物の種類と原因 [にきび] All About

思春期は成長の過程で男性ホルモンが多く分泌されるため、この影響で皮脂を作る動きが活発になってしまいます。

リンク: 中野こどもクリニック >にきび

思春期に多いTゾーンニキビの対処法を学ぶ

Tゾーンニキビの対処法

皮脂の分泌の多い青春期には、おでこ~鼻~あごにかけてのT字のエリアにニキビができやすいです。Tゾーンニキビの対処法は皮脂をよく落とし、肌を清潔に保つことが大切です。洗顔料を使う際にはゴシゴシ強くこすらないようにしましょう。

出典: 顔のニキビ、2つのタイプとその主な原因 [にきび] All About

正しい洗顔を教える

子供の場合、基本的に洗顔料は不要

子供は肌を健康に保つ成分がたくさん分泌されているため、洗顔料を使わなくても、きちんと皮脂を落としてきれいに保つことができます。洗顔料でゴシゴシ洗うことで刺激されて悪化するということもあるので、あまり小さいうちから洗顔料を使うのは避けましょう。
肌刺激を抑えて子供の洗顔料を選ぶなら、配合成分に気をつけて選びましょう。

出典: 子供の洗顔に洗顔料は必要?どんな洗顔が最適? | iplatina(アイプラティナ)|親子で使えるスキンケア

ニキビができにくい洗顔方法のポイント

朝、夜の2回の洗顔が基本です。清潔な手で洗い、洗顔料を使う場合はよく泡立てて優しく洗いましょう。皮脂汚れや毛穴づまりが多いTゾーンから洗い始め、その後Uゾーンやフェイスラインを洗います。ぬるま湯で丁寧に洗い流し、やわらかく清潔なタオルでこすらずに拭き取りましょう。

出典: 思春期ニキビができにくい肌に!スキンケアの基本のキ [にきび] All About

生活習慣を見直す

ニキビができやすい生活習慣の中で10代が気をつけたいこと

まず気をつけたいのは「寝具が汚れている」のではないかということ。枕カバーには頭皮から出た皮脂が、布団カバーには顔の汚れがついています。毎日洗濯するか、薄手のタオルや通気性のいい布を敷いてこまめに変えて、清潔に保ちましょう。次に「マスクやマフラーが汚れている」というのも、ニキビの原因となります。肌に直接触れるものは清潔に保ちましょう。また、「ストレスがある」ということも気をつけたい点。子供のストレスに気づいて、解消・解決できるように導いてあげたいですね。

出典: ニキビができやすい生活習慣7つ [にきび] All About

食生活を見直す

高炭水化物の食べ物を摂り過ぎない

血糖を上げやすいパン、コーンフレーク、白米、ポテト、クラッカー、ピザなどの高炭水化物の食べ物とニキビは医学的に関係が深いとされています。ニキビに良くないとよく聞くチョコレートに関しては医学的には証明されていませんが、摂り過ぎはやはりよくないでしょう。

出典: ニキビと食べ物は本当に関係があるのか? [皮膚・爪・髪の病気] All About

皮膚科に連れて行ってあげる

皮膚科で早期治療をする

早い時期に皮膚科に行けば、治りも早くなります。悪化してニキビ痕になるリスクも避けられるので、「たかがこれくらいのニキビで……」と尻込みせず、気になったら連れて行ってあげるといいでしょう。

出典: ニキビに悩む人必見!皮膚科との上手な付き合い方 [にきび] All About