母乳育児のメリット

メリットが多いと言われる「母乳育児」。最近では、「乳がんのリスクが減る」といった研究結果も報告されています。

「母乳育児中は大丈夫?」授乳期間は乳がんにならないのは本当?

女性で最も多いがんが、乳がんです。「母乳育児中は乳がんにならない」と聞いたことはありませんか?結論を言うと「母乳育児中も乳がんになります」。乳がんを発症することはまれなようですが、ゼロではないようです。

出典: 胸にしこりが…授乳中に乳癌になる可能性は? | イクシル

「仮にこのしこりが悪性であった場合、母乳を介して子どもに影響がある可能性は?」
⇒心配ありません。
 乳汁に万が一「大量の癌細胞」が含まれていたら(通常、そのような事はありませんが)、分泌液の色がミルク色にならないので、すぐに気付きます。

リンク: 乳癌の場合、母乳を介し子供に影響があるか | 乳がんプラザ

「経済的で痩せる」母乳育児は母にもいい!

母乳育児のメリットは色々言われておりますが、特筆して「経済的」(粉ミルクは高い)「痩せる」(母乳はカロリーを使う)が言われています。赤ちゃんの食事としてはもちろん、母乳育児はお母さんにもうれしいメリットがあるようです。

出典: 母乳育児のメリット [母乳育児・授乳] All About

ミルク育ちのデメリット、本当なの?

ミルクで育った赤ちゃんは「病気になりやすい」と言われていますが、実際のトコロはどうなのでしょうか?

「粉ミルクじゃダメなの?」そんなことはありません

粉ミルクのネガティブイメージが強く宣伝されていますが、よく考えたら粉ミルクブームの頃に赤ちゃんだった人たちはすくすくと育って今成人していますよね。紹介の記事では「母乳」と「粉ミルク」の混合育児を推奨しています。

出典: 母乳育児じゃないとダメなのか? [母乳育児・授乳] All About

ミルクだけで育てると脳の発達が遅れるとか病気になった時になおりにくいとか悪い事ばかり書かれていますが本当にそうなのでしょうか。

リンク: ミルクオンリーってそんなにダメなの? 子育ての広場111532|不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』

アンチ粉ミルクについては、あちこちのママが疑問に思っているようです。

「ミルク育ちは病気になる」は誇張表現!実際は…

大事な大事な赤ちゃんは「母乳で育てたい」と思うのは母心ですが、「ミルクは病気になる」というのは本当でしょうか。母乳は病気になりにくい根拠はありますが、紹介の記事では「粉ミルクでも大丈夫」を伝えています。

出典: 母乳と違いミルクで育った赤ちゃんは病気になりやすい? | イクシル

「粉ミルクはよくないはデマ?」公平な視点から書かれたニュース記事

紹介の記事は2016年1月14日に公開された、最新の記事です。記事中では「母乳育児」が神話化されている点を指摘しており、「赤ちゃんの健康について」と「粉ミルク育児における免疫不足は本当か」について言及しています。

出典: 母乳育児推進の問題点――粉ミルクは本当に悪いのか!? | 森戸やすみ

粉ミルク+母乳育児はメリットがいっぱい

「完全母乳」にも「完全粉ミルク」にもメリットとデメリットがありますから、両方の美味しいとこ取りが賢いのではないでしょうか。

「知っておきたい混合授乳」母乳育児だけが正義ではありません

紹介の記事は「母乳育児」と「ミルク育児」の両方を詳しく紹介しています。大切な赤ちゃんの食事ですから、片方だけの知識を貯めこむよりも両方を知って賢いママになりましょう。

出典: 教えて!母乳育児のキホン|授乳のお手本。|教えて!授乳ママのホントのところ

「片方を選ぶ必要はない」母乳育児+粉ミルクを選ぶ理由

たっぷりと母乳が出るけれど、「あえて粉ミルクを与える」ママが増えているんだそう。理由は様々なれど、母乳には母乳のいいところがありますし、粉ミルクには粉ミルクのいいところがあります。赤ちゃんの食事だからと気を使いすぎてママが先に参ったら大変ですよ。

出典: 母乳育児かミルク育児か [母乳育児・授乳] All About

完全母乳の場合よりは、栄養についての心配は少なくて済みます。

リンク: こんなにある?あまり知られていない混合育児5つのメリット

ビタミンDはあまり母乳に含まれていないため、粉ミルクで補うことにメリットがあります。

出ない母乳を必死で吸わせて泣かれるよりも、さっとミルクを飲ませれば赤ちゃんもごきげんですし、ママの体も休まります。

リンク: こんなにある?あまり知られていない混合育児5つのメリット

母乳を出すのはかなり疲れます。へとへとで何もできないということにストレスを抱える方が良くないのではないでしょうか。

ミルクを飲ませることで、育児をしている実感、親になったという実感を得られるパパも少なくないようです。

リンク: こんなにある?あまり知られていない混合育児5つのメリット

パパの育児への参加が容易になると同時に、親になったという実感を得られるようです。