麻生玲央が選んだ日本の若きフランス料理人「十傑」

これからの日本のフランス料理シーンをリードしていくであろう、2016年1月現在、1975年以降生まれの40歳以下の”若きフランス料理人10人”を独断と偏見で選ばせていただきました。尚、掲載順は「店名の五十音順」です。

アニエルドール (大阪) 藤田晃成シェフ

フランス古典料理をベースに現代風料理を追求する大阪の若き俊英。日々進化していく藤田シェフは可能性の塊と言えるでしょう。

出典: アニエルドール (大阪・阿波座) [大阪グルメ] All About

アルシミスト (東京) 山本健一シェフ

似たような盛り付け&組み合わせ料理が多い東京フレンチシーンにおいて、キラリと光る個性を発揮する山本シェフ。食材の組み合わせも独特で美味しい驚きをもたらせてくれます。まさに「美食の錬金術師」。

出典: レストラン アルシミスト (restaurant l'Alchimiste) (白金高輪/フレンチ) - Retty

オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多 (博多) 小岸明寛シェフ

スペインやフランスの名店で修行されてきた小岸シェフ。輝かしいキャリア(修行歴)とセンスの良さが生み出す料理は素材感が溢れ、盛り付けも美麗。福岡フレンチのエースと言える存在です。

出典: オーグードゥジュール メルヴェイユ博多(博多駅東/フレンチ) - Retty

オテルドヨシノ (和歌山) 手島純也シェフ

今や日本のフランス料理を語る上で欠かせない手島シェフ。この世代のフランス料理人の中でも、特に古典料理に関しては最高峰の実力を持つシェフです。

出典: ジビエ特集 「リエーブル&ベキャス」編! [西日本グルメ] All About

シック プッテートル (東京) 生井祐介シェフ

ここ数年、東京のフレンチでもっとも感動を与えてくれたのが生井シェフ。美味しいのはもちろん、センスの良さは東京フレンチシーンの中でも一歩抜きん出た存在と言えるでしょう。

出典: シック プッテートル (chic peutetre) (八丁堀/フレンチ) - Retty

ディファランス (大阪) 藤本義章シェフ

今の大阪フレンチシーンにおいて新しい流れをリードしている「ディファランス」の藤本シェフ。先述した「アニエルドール」の藤田シェフとともに次世代の大阪フレンチの双璧をなす存在になられるであろう、と期待しています。

出典: ディファランス (大阪・本町) [大阪グルメ] All About

ノット (兵庫) 江見 常幸シェフ

前のお店の時から注目していた、神戸の江見シェフ。とても繊細で美しい料理を作られます。神戸……いや、関西フレンチシーンにおいて次世代のエース候補だと確信しているシェフの一人です。

出典: ノット (porto bar KNOT) (三宮/ダイニングバー) - Retty

モトイ (京都) 前田元シェフ

中華の要素を取り入れた独創的なフレンチを生み出す前田シェフ。他では食べられない前田シェフならではの唯一無二の料理世界で楽しませてくれます。

出典: モトイ(レストラン MOTOI) [京都グルメ] All About

レヴォ (富山) 谷口英司シェフ

これからは地方レストランの時代だと思っていますが、そんな地方レストランシーンにおいて今やトップクラスの知名度と人気を誇る谷口シェフ。富山の食材を使った美しく洗練された料理は天才的です。

出典: レヴォ (L'evo) [西日本グルメ] All About

レミニセンス (名古屋) 葛原将季シェフ

2015年、名古屋に誕生した次世代フレンチ「レミニセンス」の葛原シェフ。「カンテサンス」や「ハジメ」など、東西を代表する名店で修行されてきただけに実力も折り紙つき。名古屋らしい「鰻」を使った料理など、地に根付いた洗練された料理を作られています。

出典: 名古屋に超新星レストランが登場!「レミニセンス」 [西日本グルメ] All About