田舎暮らしをする前に知っておきたいこと

本当に田舎暮らしは快適なのか?

田舎暮らしに憧れる要因の一つに自然の中でのんびり暮らしてみたい!という理由があるのではないでしょうか。実際に暮らしてみると都会よりも人々と密接な人間関係を作る必要があり、そのための挨拶や礼儀など思ってもいなかったことがたくさんでてきます。そんな真相についてご紹介します。

出典: 田舎の真相/田舎は本当にのんびりしているか [田舎暮らし] All About

年間どのくらいで田舎暮らしはできるのか

都会と比べるとほとんどが、収入減となってしまう田舎暮らし。そんな中削れない支出が地方税や固定資産税、国民健康保険、車の維持費などの非消費支出が最低70万位、生活費が毎月10万円と考えて最低190万円ほどはかかるようです。以外とかかってしまうので、そういったことをふまえて検討しましょう。

出典: 田舎の真相/月10万で暮らす田舎暮らしのウソ&マコト [田舎暮らし] All About

どんな所で出費が増え、出費が減るのか

まずどうしてもかかってしまうのが、足となる車のガソリン代。ちょっとした買い物も近くにスーパーがなければ車で行く必要があるので必然的にかかってしまいます。また山間の村の場合は寒暖の差がはげしく、光熱費も多くかかります。出費が減るものとしては、娯楽費などですね。つきあいといってもお店自体がほとんどないので、ほとんどかかりません。このように都会とは違う部分での出費などについても細かく解説しています。

出典: 田舎の真相/月10万の田舎暮らし…ガイドのお財布事情 [田舎暮らし] All About

女子一人での田舎暮らしでつまづかないコツ

田舎暮らしで何をしたいかを決め、それにあった移住地を決めたり、下調べをすることが大事です。思いつきで移住したり、ただ農業をしたいと下調べもせずに行くというのが一番よくありません。まずはきちんと調べてから移住するということが大事です。

出典: おひとりさま田舎暮らしは可能なのか?/やめとけ編 [田舎暮らし] All About

田舎暮らしでの仕事は?

調理師や看護婦など今までのキャリアを活かした仕事をしたり、農業や畜産業など田舎ならではの仕事をしたりと色々なパターンがあると思います。いずれにしても、こんなはずじゃなかったとならないためにも、自分が暮らしたい移住地とやりたい仕事のずれがないよう十分に検討しましょう。

出典: 失敗しない田舎暮らし/仕事編 [田舎暮らし] All About

いろいろうれしい支援制度

田舎暮らしが体験できる支援制度

田舎暮らしをするにあたって、いきなり暮らすのはちょっと…という方も多いはず。そんな方にうれしい支援制度があるんです。例えば憧れの古民家で、月4万円最長3年まで田舎暮らしを体験できる支援制度や移住体験をしながら仕事を探せる支援制度など、実際に暮らしながら体験できる支援制度をご紹介。

出典: 移住者大歓迎!田舎暮らし支援制度/お試し暮らし編 [田舎暮らし] All About

一戸建て購入にも支援制度あり

やっぱりできることなら、一戸建てを購入し、田舎暮らしを満喫したいですよね。町村を活性化するための自治体の支援、助成制度を利用することでかなりお得に一戸建てを購入することができるんです。いろいろと条件などがあり、それに該当した場合のみになりますが、ぜひ参考にしてみてください!

出典: 田舎の一戸建をタダ同然で手に入れる!? [田舎暮らし] All About

離島で支給される支援制度

九州地方の離島では様々な支援制度があります。例えば、屋久島近くの多島村では若い子育て世帯で専門技術を持っている人に対して、収益が上がるまで日給7000円以内を最大5年間支給という制度があります。こんな制度があれば生活費の心配をしなくてもやっていけそうですよね。

出典: 日給7000円、5年間支給? 離島暮らし支援制度 [田舎暮らし] All About

こんな働き方もある!「地域おこし協力隊」

地域での様々な活動をし、地域を活性化していくというお仕事です。この仕事のメリットは田舎暮らしをしながらでき、お金ももらえてしまうという点です。だいたい1年以上3年以下の間住民票もうつし生活します。住みたい場所と仕事の両方をゲットできる地域おこし協力隊は、こういう仕事が好きな方にはとってもいいお仕事ですね。

出典: 地域おこし協力隊・隊員募集!/教育編 [田舎暮らし] All About