建築家「谷尻 誠」とは?

谷尻 誠

1974年広島県生まれの建築家。1994年に穴吹デザイン専門学校卒業後、設計事務所勤務を経て、2000年に建築設計事務所Suppose design officeを設立。「常に新しいものを探し続け、考える」を大切に設計活動を行う。

出典: 谷尻誠インタビュー | デザイン家具のDIYキット販売 MaKeT(マケット)

私たちが、常に新しさを求めるのは、現状に満足することなく、より豊かな、より楽しい環境を、建築の持つ力で、良い方向へと変えていきたいという強い気持ちがあるからなのです。この揺るぎない気持ちで、少しでも多くのコミュニケーションの中で私たちの考え方を社会に伝えていきたいと考えています。

リンク: 広島・東京建築設計事務所 Suppose Design Office Co.,Ltd −Profile−

想像の外側をいく独創的な建築の数々

白い三角屋根の窓から灯る光が美しい「宇都宮の家」

まるで地面から屋根が生えたかのような大胆なデザインは、かなりの存在感があります。

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 宇都宮の家

これぞミニマリズム「府中の家」

どこから入ればいいのだろう?と不思議になるその外観。家の中は、広々とした開放感のあるのびやかな空間になっています。

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 府中の家

凸凹した外観と開放的な内装の「三次の家」

内装が気になる、とても不思議な外観。このファサードとは裏腹に、まるでアスレチックのようないるだけで楽しくなるような内装が面白い住宅です。

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 三次の家

自然との共存を目指した「白島の家」

全面窓になっていて、とても開放感のある外観。自然と共存しているかのような出で立ちは、身も心もリラックスできそうですね。

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 白島の家

屋根が浮いている!?「広島の小屋」

まるで屋根が浮いているように見える、不思議な感覚に陥る作品です。360度景色を一望できる開放感に、なんだかワクワクしますね。

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 広島の小屋

楽しそうな笑い声が聞こえてきそうな「西新小岩五丁目保育園」

西新小岩の保育園は広々とした空間に開放感のある大きな窓が特徴的。窓の外から見える園児たちの楽しそうな姿は、道行く人も笑顔にしてくれそうです!

出典: 広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 西新小岩五丁目保育園